ポッコリお腹とともに、脇腹のたるんだお腹も気になりますよね。この脇腹のたるんだ部分、後ろから見られていますよ。靴を履くとき、床に落ちたものを拾うとき、椅子に座って横にあるものをとろうとしたとき等々・・・ちらっとスカートやズボンからはみ出たお腹、見られています!壁を使った簡単ピラティス第二弾では、そんな脇腹をしっかりねじってあこがれの「くびれ」を復活させていきましょう。


1.壁の前に立ちます


壁の前に立ちます。壁からは10cmくらい離れて立ちます。両手は体の横にセットし、足の幅は骨盤幅位、両膝は軽く曲げておきましょう。

2.上半身をねじります


1.両腕を胸の前に伸ばし、軽く肘を曲げます。
2.息を吸って吐きながら、上半身を右にねじり、両手を壁にタッチします。
3.息を吸って元の位置に戻ります。
4.同様に左にもねじります。

左右5回ずつ繰り返しましょう。

上半身をねじるときは、できる限り両足から骨盤までは正面のまま上半身のみ、ねじりましょう。

さらに、ねじるときは、息を吐きましょう。壁を向いたらさらにもう一息吐き切りましょう。

自分のカラダを雑巾に見立てて、ギューっとねじると「くびれ」につながりますよ。

3.応用編


慣れてきたら、右、左と吐く息と共に、リズムよく10回ねじりましょう。その時も、できるだけ下半身は正面です。軽く両膝を曲げておくと、ねじりやすいですよ。

さらに、壁からもう10㎝、両手をぎりぎりタッチできる距離まで離れると、強度がアップします。少しずつ距離は調整してみましょう。

「くびれ」をイメージしながら行っていただくと、さらに効果がアップしますので、頑張ってください。
太田 律子
ピラティス&ゴルフピラティスインストラクター

Photo by fotolia