お腹の奥でコルセットのような役割をしている「腹横筋」。この筋肉を鍛えることで、いつでもウエストが引き締まったメリハリのあるボディラインを実現しましょう。


腹横筋を鍛えるトレーニング【1】


1.両膝を立て、マットやタオルなどの上で仰向けになる
2.両手のひらを床につけ、腰の横に置く(握りこぶし1つぶんほど外側に)
3.ゆっくりと腰を持ち上げて、お腹から膝がまっすぐになるようにする
4.お腹から膝までをまっすぐにした状態で深呼吸しながら10秒キープ
5.ゆっくりと腰を落として2の姿勢に戻る

1〜5を1セットとして、3〜5セットおこないましょう。おへその下部に意識を集中させて呼吸をすると引き締め効果がさらに高まります。

腹横筋を鍛えるトレーニング【2】


1.両腕を肩幅程度に広げ、腕を支えにしてうつ伏せになる
2.お腹から足先までが一直線になるようにお尻を浮かせる
3.そのままの姿勢をキープしながら、10秒間深呼吸をする
4.ゆっくりとお尻を下ろし、楽な姿勢になって大きく5回深呼吸する
5.2〜4を5〜10回繰り返す

このトレーニングでも、おへその下部に意識を集中させて呼吸をしましょう。

日常生活では、強く大きく深呼吸!


これらのトレーニングに加えて、日々の呼吸を深く、大きくすることもおすすめです。お腹の内側から筋肉を刺激し、鍛える効果が期待できます。

また、内臓を刺激してそのはたらきを活性化することで、代謝がよく太りにくい体質に整えることができます。

全身をマッサージするのと同じような効果が!?


腹横筋を鍛えることで、お腹にある大きな筋肉を刺激することができ、全身の体液循環を整える効果が期待できます。これは、リンパマッサージなどを全身におこなって体液循環を整えるのと同じようなこと。ウエストラインが引き締まる上に、むくみや冷え、低代謝などを予防・改善する効果が期待できます。
本格的にボディラインを絞りたい場合におすすめの、とっておきトレーニング。お腹の筋肉をキュッと引き締めるコルセットに変えてしまいましょう。
Nao Kiyota
美容・健康ライター

Photo by fotolia