最近キレイな人がやっているクレイ(泥)を使った美容法。主にパックをすると良いのだとか。そんなクレイを使用したマスクを3つご紹介します。


1. 香り好きさんはこちらを


≪ARGITAL(アルジタル)≫
香り豊かなイタリア発の『ARGITAL(アルジタル)』。アルジタルのクレイといえば、グリーンクレイ。このグリーンクレイは、何百万年もの間に海底でミネラルを蓄積し続けたものなのだとか。

そしてこのクレイの表面に無数の穴があいており、それが毛穴の汚れを吸着。その後ミネラルでお肌を潤わせてくれるのだそうです。

お肌のざらつきが気になる方や、Tゾーンのテカリが気になる方、香りが好きなかたはこちらがおすすめです。

2. フランスの皮膚科で勧められるクレイはこちら


≪CATTIER(カティエ)≫
フランス発オーガニックコスメの『CATTIER(カティエ)』。実はこちらのカティエ、フランスの皮膚科がおすすめしてくれるスキンケアブランドです。

そんなカティエの得意なアイテムは、クレイ。中でも敏感肌の方にもおすすめできるのが「カティエ フェイスマスクPK」です。

ピンククレイが入った、ミネラルがたっぷりなクレイマスクは、程よくお肌の老廃物を除去してくれるから、お肌が弱い方でも使いやすいアイテム。

また保湿成分のシアバターも配合されているので、お肌の油分を摂り過ぎることなくケアすることが可能。パリジェンヌも実践しているクレイ美容を試してみてください。

3. 日本の恵が詰まったクレイならこちら


≪NEROLILA Botanica(ネロリラボタニカ)≫
人気メイクアップアーティストの早坂香須子氏が手掛ける『NEROLILA Botanica(ネロリラボタニカ)』。海外出張の多い早坂氏が、自らの経験の中で得たクレイ美容を製品化したものが「アースマスク」です。沖縄県産の海底泥のクチャ(海シルト)と九州シラス台地のシリカに竹炭が配合されています。

家の裏の庭から採って作ったかのような、手作り感のある固さのクレイマスク。この絶妙な固さのおかげで、浴室内で顔にクレイをのせても、流れ落ちることなく顔にとどまってくれるのが嬉しい!

思わずうっとりとしてしまうジャパニーズネロリの香りに癒されながら、マスク後の洗い上がりのハリ感が楽しみになるプロダクトです。
30歳以降の美容には毛穴ケアと角質ケアは必須。クレイマスクを使って、美肌キープを意識してみましょう。
星 有子
ハーバルセラピスト

Photo by @saori_fujimaki/instagram