だんだんと気温が下がってくる季節。いつも通りのスキンケアをしていても「肌が乾燥している」と感じたり、「肌がピリピリしたりする」などと感じる時には、肌は保湿を求めているのかも。そんなこの時期に実行すべきスキンケアを2つご紹介します。


乾燥のサイン見逃してない?


夏のような暑くて蒸し暑い日がなくなってきた今日。それとともに、のどや肌の乾燥を感じてきているかたも多いのではないでしょうか?

乾燥のサインといえば
・肌がなんとなくつっぱる
・肌の表面がかさかさする
・肌の表面が白く粉をふく

などがありますが、見逃してはいませんか?アラフォー世代に大切なのは、乾燥させないことこ。日々、ご自身の肌をよく観察して、自分の肌を知ることも美肌になるためには必要なことです。

これからの時期に大切なスキンケアをご紹介します。

1.肌表面の保湿


初冬の時期に差し掛かると、気温がグッと下がってヒンヤリしてきますね。それとともに、肌の表面の乾燥がだんだんと目立ってくる季節です。

そのためこの季節のスキンケアでは、肌の表面をしっかりと保湿しておくことが大切。

肌が乾燥してしまうと、キメが乱れてしまうことになります。ということは、角質のバリア機能が低下し肌刺激を受けやすいというワケです。

この時期に気になりやすい、目元の下に出てくるちりめんジワは、保湿をしっかりと行うことで目立たなくなります。肌がもちっとするまで、化粧水を何度かに分け保湿した後は、油分の入った乳液などで、化粧水で馴染ませた水分を蒸発させないようにしましょう。

2.角質ケア


メラニンをたくさんつくり出していた肌は、角質が厚くなっている可能性があります。この余分な角質を残したままにしておくと、スキンケアが十分な役割を果たせない状態になってしまうかも。そのため、肌の乾燥を招く可能性が考えられます。

そうならないためにも、定期的な角質ケアが大切です。

週1〜2回ほど、肌が強い方でも週3回までにとどめます。シュガースクラブやハチミツ、クレイなど、お肌に負担のかからないような角質ケアを行いましょう。

今のこのマメなケアが未来の肌を作ると考え、面倒くさいと思わずにお手入れしてみてくださいね。
星 有子
ハーバルセラピスト

Photo by fotolia