実は自分が思っているよりも、夏場はお肌が乾燥しやすいのをご存知でしたか?かといって油分を与えすぎてもNGです。そこで優しいハーブを活用してみてはいかがでしょうか?ハーブを使ったフェイシャルスチームの方法をご紹介します。


ハーブのフェイシャルスチームって何?


夏場が乾燥しやすい理由は、汗とお肌の水分が一緒に出ていってしまうから。そしてクーラーなどの冷たい風で、お肌はさらに乾燥しているかもしれません。

そこで取り入れたいのがスペシャルケア。フェイシャルスチームというと、機械でおこなうものとイメージなさっている方も多いですよね。しかし、実はおうちで簡単にできるのです。

みなさまがご存知のとおり、フェイシャルスチームの役割は、お肌にうるおいをプラスしたり、お肌の引き締め効果を期待できるもの。今回はアロマテラピーのように植物を取り入れて、揮発性の芳香成分でリラックスできるように活用してみましょう。

ハーブのフェイシャルスチームを実践してみよう!


今回のレシピは「シワ、たるみの予防」や「保湿やお肌の引き締め」を期待できるとされているものです。また蒸気が熱いので、血行促進効果も期待できます。とっても簡単にできるので、さっそく取り入れてみて。

【準備するもの(1回分)】
・洗面器
・鍋
・バスタオルやタオル
・ドライハーブのリンデン 5g
・お水 約1リットル
【フェイシャルスチームのやり方】
1. しっかりと洗顔して、毛穴汚れを落としておきます。
2. 洗面器にハーブ入れ熱湯注ぎます。
3. 蒸気を逃さないようにバスタオルかぶりましょう。
4. 洗面器にの水面を見るようにして下をむき、蒸気が顔に当たるようにします。
※この時、目はつぶったまま!開けないようにして下さい。
5. 5分間、この蒸気を顔全体にあてておくだけで終了です。

フェイシャルスチームが終わったら、洗面器ごと浴室へ持っていきましょう。ハーブ液は全て、そのままバスタブの中へ。お風呂に入れて2次利用できます。

自宅で簡単ケア!


こちらのハーブのフェイシャルスチームは、スペシャルケアとして週1〜2回を目安に行うとGood。

お手軽で簡単におうちエステが完成です。ご紹介したリンデンの他に、ジャーマンカモミールのドライハーブを使ってもいいですよ。(※キク科アレルギーの方は使用しないで下さい。)

とっても簡単なので、ぜひTRYしてみてはいかがでしょうか?
星 有子
ハーバルセラピスト

Photo by fotolia