芳香浴という言葉を耳にしたりしますが、いったいどんなものかご存知でしょうか?アロマやハーブで芳香浴することで、生活が豊かになるかもしれません。リラックスできる芳香浴の方法をご紹介します。


芳香浴って何?


アロマテラピーでの芳香浴は、とってもポピュラーなものです。実はみなさまが、いつも楽しんでいるかもしれない方法こそ、芳香浴かもしれません。

芳香浴とは、アロマデュフューザーなどで香りを部屋に拡散して楽しむこと。マグカップにお湯を張って、そこへアロマオイルを1滴垂らして香りを楽しむのも同じです。

メディカルハーブの世界でも、芳香浴は同じように楽しめます。ハーブの良いところは、アロマテラピーほど香りが強くないこと。香りが苦手な方でも、ハーブの芳香浴ならまろやかで優しい香りにリラックスできるかもしれません。

ハーブを使った芳香浴の仕方


【準備するもの】
・洗面器
・ヤカンかお鍋
・お水1リットル
・ラベンダーのドライハーブ60g
※低血圧の方、妊活中、妊娠中、授乳中の方の使用はさけてください。

ラベンダーのドライハーブが無い場合は「生活の木」や「ニールズヤード」などのハーブショップで購入するか、スーパーなどで販売されているブレンドハーブティーでも代用可能です。

【芳香浴の楽しみ方】
(1.) ヤカン、またはお鍋にお水を1リットル注ぎ入れ、火にかけます。
(2.) 洗面器にドライハーブを入れます。
(3.) お湯が沸騰したら(2.)に注ぎ入れます。
(4.) 香りとともに蒸気が空間に広がります。

この柔らかくふんわりとした香りを楽しんでください。

≪ハーブティーを淹れてみて≫


芳香浴は洗面器を使った方法だけではありません。実はハーブティーを淹れる時にも楽しめます。ガラスポットを使用すると、ハーブの芳香成分が、ガラスのフタの部分に水滴とともに付着します。

そのフタの香りを嗅いでみたり、ハーブティーを飲む前に鼻を近づけて深呼吸してみたりして、香りを楽しんでみてください。たったこれだけですが、気持ちがホッコリします。

芳香浴のポイントはご自身が心地よいと感じられる香りかどうかということ。その時々で香りの好みは変わるものですが、心地よいと感じる香りこそが、気持ちをリラックスさせるためにはベストです。

疲れたなと感じた時こそ、ハーブの芳香浴で癒されてみてはいかがでしょうか?
星 有子
ハーバルセラピスト

Photo by fotolia