恋愛では両者に選ぶ権利があります。たとえ「彼以外の人は考えられない」と強く思う相手と出会えたとしても、その彼本人から選んでもらえないことには男女関係を築いていくことができません。また、そこで重要となるのが男性から“最後に選ばれる女性”になるということ。パッと見の印象だけで選ばれる最初の女性でなく、すべてを知ったうえで選んでもらえる最後の女性こそ、男性から強く結婚を意識してもらえる存在なのです。


格好悪い姿の彼も受け入れる


見た目が美しく清潔感のある女性は、男性からの第一印象も良いため最初は好意を持ってもらえるかもしれません。

しかし当然のことながら、それだけで恋人としての関係は長続きしません。交際期間と共に重要になってくるのは自分自身の人間性。特に男性は一生のパートナーとなる相手に穏やかさや安らぎを求める傾向があるため、一緒にいて落ち着く存在になる必要があるのです。

そこで交際の中では彼のすべてを心から受け入れる姿勢を見せましょう。たとえば彼が失敗をしたときはバカにしたり怒ったりせず、笑顔で受け入れてあげる。また、彼が落ち込む様子を見せたときは上辺だけの言葉をかけるのではなく、ただ黙ってそばにいてあげるようにするのです。
普段からつい見栄を張りがちな男性にとって、格好悪い自分でも受け入れてくれる女性というのは簡単には出会えない存在。同時に偽りなく素の自分を見せられる存在の前では自然な振る舞いを見せられるため、彼があなたといる時間に落ち着きを感じるのです。

格好良い彼だけでなく、格好悪い姿の彼も変わらず受け入れてあげることが、最後に選ばれる女性となるきっかけを与えてくれるのです。

彼を疑う前にまずは信じる


男女が交際を続ける中では、ときに些細な疑惑から疑心暗鬼に陥ることもあります。彼の本心がわからず、ついネガティブな妄想ばかりしてしまう人だっているのではないでしょうか。

とはいえ人間にとって、信頼している相手から疑われるという状況は心が傷つくほどつらい出来事。事実である確信が持てない状況で彼を疑っても、二人がこれまで築いた信頼関係を壊してしまうだけなのです。

「本当に私のことが好き?」「私を大切に思ってくれている?」など小さな不安が積み重なると彼を疑う気持ちも生まれるかもしれませんが、すぐに疑うことはせず、ますは信じる様子を見せましょう。

相手に疑いをかけることはいつでも簡単にできます。しかし相手を信じることは意外と難しいはず。そんな簡単にはできないことだからこそ、男性はどんな状況でもまず自分を信じてくれる女性を最後に選ぶのです。

お互いが最後の相手と思えるように


恋愛では「見た目がタイプ」「話が合う」など最初の印象が、男性に恋愛感情を抱くきっかけを与えます。しかし、最終的に二人の関係を決めるのは印象ではなく“居心地の良さ”。「一緒にいると安らぐ」と思える関係こそ男性が求めている恋愛の形であり、最後に選ばれる女性が心がけている振る舞いでもあるのです。

彼との関係を築く中ではそんな“居心地の良さ”を意識してみてはどうでしょうか。「この人とならこの先の人生も一緒に歩んでいける」という確信がお互いを最後の相手として意識するきっかけをつくってくれるはずです。
LISA
フリーライター、コラムニスト

Photo by fotolia