10代、20代の頃とは大きく違う30代の恋愛。特に結婚を強く意識する女性の場合は、パートナーとの将来について悩むことも多々あるのでしょう。とはいえ30代の恋愛で悩んでいるのは何も女性だけではありません。男性の中にも、30代という新たなステージにおける恋愛や結婚に、戸惑いを感じている人もいるのです。では、お互いがアラサー同士であるカップルの交際では、どのようなことを意識すれば良いのでしょうか。


結婚話を切り出すときはフランクに


アラサーカップルが交際を続ける中では、結婚を意識する機会が多々あります。おそらく周囲からのプレッシャーや具体的な将来設計により、結婚に対してシビアになっている人も多いのではないでしょうか。

そんなお互いがシビアになる話題だからこそ、重い空気の中で結婚に関する話を切り出すことは避けるべき。「あなたは結婚について真剣に考えているの?」と強気な姿勢を見せたところで、彼が責められている気分になり、ごまかされてしまうだけです。その彼の態度を見て、女性側であるあなたに不満や苛立ちがたまる可能性だってあるでしょう。

もし結婚話を切り出すのであれば、あくまでもフランクな感じで話し始めるようにしましょう。「いつか結婚できたらいいね」と軽いノリで切り出すと彼もプレッシャーを感じることはありません。

なにより、結婚を重いものだと考える必要がなくなるので、彼も前向きにあなたとの将来を意識し始めるのではないでしょうか。

周囲のカップルと比較しない


30代というステージには様々な生き方をする人がいます。結婚と出産を経験したママ女性もいれば、キャリアウーマンとしてばりばり働く女性もいるでしょう。また男性の中にも仕事で大きなプロジェクトを任される人もいれば、夢を見つけ脱サラを決意する人もいます。

そのように多種多様な生き方があるアラサーの人生だからこそ、ときに他人の生き方がうらやましく見えることもあるはず。「隣の芝生は青く見える」という通り、周りの友達カップルと自分たちを比べてしまうことだってあるかもしれません。

とはいえ自分たちの関係に他人の幸せを持ちこんだところで、二人の関係がさらに良くなるわけではありません。自分たちなりの幸せは二人にしかつくれないのです。他人を羨ましく感じやすい年代だからこそ、周りのカップルとは比較せずに二人だけにしかつかめない幸せを見つけるようにしましょう。

年齢を言い訳に諦めることをしない


社会的には一人前の大人であると認められる30代。10代、20代の頃と比べ、人としての責任感も生まれてきていることでしょう。ただ、同時に年齢を意識しすぎて我慢する癖が当たり前になっている人もいるのでは?

特に恋愛では年齢を重ねるごとに恥じらいから彼に甘えられなくなったり、わがままだと思われたくないがために気持ちを飲み込んでしまったり……。そのように年齢を言い訳に我慢する癖がついている女性もいます。

しかし、小さな我慢も積もりに積もれば大きな不満となります。また、我慢する様子を見せることにより、彼もあなたが何を考えているかわからなくなってしまうのです。

仕事や人間関係の中で責任を持つ大人女性として振る舞うことは大切です。ただ、恋人の前だけでは年齢のことを忘れ、ひとりの女性として素直な気持ちを見せてはどうでしょうか。その方が彼もあなたのことが理解でき、今後も円満な関係を築いていくことができるはずです。

年齢ではなくお互いの感情を大切に


30代というステージは男女ともに焦りを感じやすい時期でもあります。中には仕事や恋愛で思い描いていた通りの道が進めず、後ろ向きになっている人だっているのではないでしょうか。

しかし年齢に対する焦りは、ますます負の連鎖を招く原因となるだけ。「もう30代だから」「30代になったのに」と焦りを感じたところで、彼との関係は悪化する一方なのです。

アラサーカップルの交際では年齢を意識しやすいからこそ、あえてお互いの感情を重視した関係を築いていきましょう。将来や結婚、世間体や見栄などは気にせず、お互いを思う気持ちだけを大切にした関係が築けると、自然と焦りも感じなくなります。それが結婚という選択肢を生むきっかけにもなるはず。
LISA
フリーライター、コラムニスト

Photo by fotolia