アラサー世代がそろそろ気になりだすのがボディライン。身体のラインや形、脂肪のつき方や太りやすさなど、20代の頃に比べて何だか違う・・・と感じるのが30歳前後ではないでしょうか?そこで、エステティシャンである筆者から見たアラサー女性が意識したいボディエクササイズするべき身体のパーツをご紹介します。


■ヒップラインのエクササイズ


年齢とともに見た目に出やすいのが「ヒップ」。後ろ姿はなかなか自分では見えにくい場所であり、気づきにくい場所ですが、人から見て目に付きやすい場所がヒップです。

ヒップの筋肉をしっかりと鍛え、本来のお尻の形をキープしたいもの。

【エクササイズ方法】
まっすぐ立ち、右腕を壁につき、左足はまっすぐ伸ばし床につけ、右足をまっすぐ伸ばしたまま後ろに持ち上げましょう。

■ぽっこりお腹のエクササイズ


20代の頃は引き締まったウエストやくびれ。お腹に脂肪がつく事なんてなかったのに!という方もいらっしゃるのではないでしょうか?

お腹周りに脂肪がつくと一気におばさん体型になってしまいますので、姿勢やエクササイズは意識しておきましょう。

【エクササイズ方法】
床に仰向けになり、V字バランスの体勢になり、下腹をキュッと引き締めながら10秒キープ×10セットを繰り返します。

歩くときや座っている間もだらんとした姿勢ではなく背筋をまっすぐ伸ばし、下腹をキュッと引き締めるように意識しておきましょう。

■脚のエクササイズ


身体のパーツで気になるお悩みダントツ1位は脚。キュッと引き締まっていてスラッとしている脚に憧れますよね。

【エクササイズ方法】
背筋をまっすぐに伸ばし、脚を肩幅に開き、つま先を外側に向けます。腰をゆっくり落としながら膝を90度に曲げ、かかとを少し浮かせます。そのまま5秒キープを10回繰り返しましょう。
このように、年齢とともに気になるボディライン。年齢とともに女性らしい身体になることは魅力的ですが、引き締めておく場所は引き締めておき、メリハリのある身体を今のうちから意識しておくといいですね。

寒川あゆみ
エステサロンオーナー、美容家、美容ライター

Photo by fotolia