こなれ感、ラフ感とはよくいったもの。それがトレンドと言うものだから、ラフを意識したのに周りからは「だらしない」と言われてしまった!そんなラフアイテムにありがちな失敗コーデとはもうサヨナラしましょ♡今回はラフコーデの正しいスタイリング方法をご紹介します。


「ラフさ」とは、ハリのある生地であってこそ


ラフとはそもそもどういうことなのでしょうか。それは、肩肘張っていない感じ、どこかダラリとルーズっぽさがある。ラフな着こなしの象徴的な襟抜きシャツもそうですが、襟抜きすることで、シャツの重心が後ろに引っ張られてうなじが見える。このルーズっぽさが、気張った着こなしをしていなくて、イイ!という印象をつくるのがラフさです。

でもこれって逆にだらしなく見えてしまう紙一重なアイテムでもありますよね。そのだらしなさを感じさせないために必要なのが生地選び。シャツはもちろん、ラフな揺れ感のあるスカートも同じく、ハリのある生地を扱うことで余計なだらしなさを軽減させるのです。

ラフな着こなしをする場合は、ハリのある素材の服を取り入れることを心がけてみてはいかがでしょうか。

締め色のブラックを取り入れる


ラフなアイテムは体型をキレイに見せるというより、ダボッと見せたり、締めつけられたような感じを見せないコーディネートなので、全体的にゆるっとしたスタイリングになりがち。

そうなると体も全体的にだらしなく見えてしまうというのが少々難点…。なので、そのだらしない印象を軽減させるに有効なのが「黒」を取り入れること。

例えば分かりやすく、白のゆったりシャツを選ぶよりも、黒のシャツを選んだ方が引き締め感とキッチリ感を周りの印象で与えやすいのです。もちろん、シャツだけでなくボトムや靴でブラックを取り入れてもOK!

ラフな着こなしはバランスも大事


素材と色で気になるだら〜んとした部分をピシっと引き締める。たったこれだけでだらしない印象がなくなりラフなコーデが出来上がります。

あとは大事なのは、重心が下に重たくならないようになるべくトップスとボトムのバランスも意識しておくとより精度の高い着こなしを楽しむことができますよ!
角 侑子
ファッションスタイリスト

Photo by fotolia