夏にはブルーカラーをメイクに取り入れてみたいけど、アイシャドウを塗るのは抵抗がある…。そういった方は、ブルーのアイライナーを使うのがおすすめです。涼しげアイを楽しんでみましょう。


カラーアイシャドウに抵抗がある方はカラーアイライナーから♪


夏のアイカラーといえば、ブルーを思い浮かべる方も少なくないのではないでしょうか?涼しげなカラーなので、使ってみたいと思う方もいらっしゃるでしょう。しかし、ブルーといったちょっとインパクトのあるアイシャドウを使うのに抵抗がある方もいるかと思います。

そういった方におすすめなのが、ブルーのアイライナーです。目元全体にカラーを入れるわけではないので、抵抗がある方も取り入れやすいはず。ぜひこの夏は、ブルーアイライナーを使ってみてくださいね。

初心者さんは濃いめ発色のリキッドタイプにチャレンジ


ペンシルタイプよりも、リキッドタイプの方が濃いめに発色するものが多い傾向にあります。ブルーのアイラインが濃いめに発色すると、ぱっと見ブラックのような印象に。よく見るとブルーだと分かるような感じなので、初心者さんにはリキッドタイプの方がおすすめです。
涼しげな印象をアップさせるため、アイホール全体(A部分)にはラメ入りのホワイトアイシャドウを塗りましょう。ミディアムカラーやダークカラーはあえて使わず、潔くワンカラーで。

そして、アイラインを引いて行きます。Bのように、まぶた中央部分からちょっと太めにしていくのがポイントです。目尻部分をオーバーラインさせて少し跳ね上げると、アイラインが際立ちます。

さらに、下まぶた(C部分)にもホワイトアイシャドウをオン。涙袋を目安にすると分かりやすいですよ。上まぶたと下まぶたにホワイトアイシャドウを乗せることで統一感を出すのです。ラメ入りのものを使うことで、透明感もアップします。

ペンシルアイライナーでカラー感と柔らかさを出しても◎


ブルーの色味をもう少し出したい!という方は、ペンシルアイライナーを使ってみましょう。
ラメ入りホワイトのアイシャドウを入れるところは、リキッドタイプの説明と同様です。カラー感が出るので、アイラインは均一の太さにした方が良いでしょう。こちらもオーバーラインさせて跳ね上げると良いですよ。アイラインの存在感が増します。

白目に透明感を出すため、ホワイトのペンシルアイライナーで下まぶた粘膜部分にラインを引いています。全体に入れるとクドくなりがちなので、瞳の幅を目安にしてみてください。
このように、リキッドタイプでもペンシルタイプでも、さり気ないカラーアイメイクを楽しむことができます。ぜひ試してみてください!
西田 彩花
美容ライター

Photo by fotolia