オレンジアイメイクは夏の定番の一つ。ちょっとアレンジして、思い切りポップな印象にしてみませんか?


カラーメイクを楽しむ夏がやってきました!


夏になると、軽やかな色合いのアイメイクをしたくなりますよね。オレンジアイメイクはその定番の一つでしょう。オレンジメイクをするときには、オレンジ〜ブラウンのアイシャドウを使って、グラデーションを作る方も多いかと思います。

周囲に差をつけたい!という方は変わり種メイクでポップさを楽しんでみましょう。

オレンジ×イエローで周囲に差をつけろ♡変わり種ポップメイク


まず、ラメ感が強めのオレンジをAの部分に塗ります。ラメ感があるため、グラデーションは意識しなくてもOK。あまり不自然になりません。チップで塗るよりも、ブラシでふんわりと乗せていく方がおすすめです。ミディアムカラーやダークカラーはあえて使わないのがこのメイクのポイント。上まぶたのアイシャドウは、オレンジのみで仕上げましょう。

次に、ペンシルタイプのアイライナーを太めに引いていきます。カラーはブラウンをチョイスしましょう。Bのように、真ん中部分が少し高めになるように引くのがポイントです。目の幅全体に引いたら、綿棒でアイラインをボカしていきます。そして、何もついていないブラシでさらにボカします。こうすると、ブラウンアイシャドウを使うよりもハッキリとした陰影を作ることができるのです。

そしてポップな印象を強めるのが下まぶたです。使用するカラーはイエロー。こちらもラメ感が強めのものをセレクトしましょう。涙袋(Bの部分)に思い切って塗ってみてください。柔らかめのブラシでふんわりと入れるのがコツ。

ポップさもありながら、涙袋を強調できるメイク方法でもあります。目の縦幅が大きく見える効果がありますよ。

夏の日差しによく合いそう!パーティーメイクにも


オレンジとイエローを使ったアイメイクは、なんだか太陽を想起させませんか?日焼けしてしまったお肌にもよく映えますよ。

海や山など、レジャーに行く日はもちろん、パーティーメイクにもぴったりのアイメイク。ぜひ、いろんなシーンで試してみてください。

西田 彩花
美容ライター

Photo by fotolia