男性はナチュラルメイクが好きだという定説があります。好意を寄せる男性のために、ベージュ系やブラウン系のアイメイクでまとめていませんか?上手にピンクを使ってみましょう。


男性はピンクを身にまとってる女性に弱い!?


ナチュラルメイクが好きだという男性は少なくないでしょうが、ピンクを上手に使っている女性にもキュンときたりするもの。お洋服もそうですし、メイクもそうです。

でも、アイメイクにピンクを使うことに抵抗がある方もいらっしゃるでしょう。ピンクは膨張して見えてしまいます。ピンクアイシャドウは、腫れぼったいまぶたに見せてしまうことがあるのです。

こういった理由でピンクアイシャドウを避け、デートメイクはベージュ系やブラウン系を使っているという方。ピンクをちょこ置きする方法を試してみてはいかがでしょうか?いつもとは違ったデートメイクになりますよ。

ピンクを使うのは上まぶたではなく、下まぶた♡


前述の通り、ピンクアイシャドウを使うとまぶたが腫れぼったく見えてしまうことがあります。しかしそれは、上まぶたにピンクアイシャドウを塗っているから。下まぶたなら腫れぼったく見える心配がありません。

Aの部分に、ラメ入りのピンクアイシャドウをオン。目尻側から瞳部分までが目安です。目尻から、だんだんと幅を狭めるようにすると自然な感じになりますよ。ミルキーピンクを使うと愛らしさもアップします。

また、下まぶた粘膜部分にホワイトアイラインを入れるのもおすすめです。柔らかいペンシルタイプのものを使うのがおすすめです。

上まぶたは、ベージュ系のアイシャドウでグラデーションを作ってください。下まぶたにちょこ置きしたピンクを邪魔しません。ブラウン系を使うよりナチュラル感が出るのも、おすすめの理由です。

さらに、口元もミルキーピンクでまとめると愛らしさがアップします。ルージュとグロスを重ねて色味とツヤ感を出しましょう。唇中央部分にハートマークを描くようにすると立体感がアップします。

ピンクアイシャドウでデートに行ってみたかったけれど、難しいかなと諦めていた方。ぜひちょこ置きメイクにチャレンジしてみてくださいね。
西田 彩花
美容ライター

Photo by fotolia