結婚を意識して相手を探すと、ついつい男性の欠点ばかりに目がいってしまいます。理想が高いと悩んでしまって、思うように婚活が進まないこともあるでしょう。今日はそうした、男性の欠点に目がいってしまう際の気持ちの対処法をお伝えいたします。


短所が気になり、なかなか男性を好きになれない……


婚活を続けていても、なかなか異性を好きになれないという声を聞きます。特に多い悩みとしては、「ちょっといいな」と思ったしても、ある短所が気になるともうダメ!というものです。

完璧な人などいるはずがないのに、つい短所を見つけてしまうと恋愛対象として見れなくなる……。こうした悩みを持つ人は、意外に多いものです。

結婚を意識すると理想が高くなりがちですが、この悩みに対する解決策はないのでしょうか? じつは、私が普段コーチングのなかで使う「あるスキル」が、解決に役立つのでご紹介したいと思います。

考えにバランスをもたらそう


人間には誰しも、長所と短所が存在します。それらは個性であり、持って生まれた才能ともいえます。長所は裏返すと短所になりますし、短所は裏返せば長所になります。

もしも、あなたが男性のある短所に対して気になって仕方がないということは、その短所のもたらすメリットを見逃しているということ。つまり、考え方のバランスを崩してしまっているのです。

例えば短所として「気が弱い」という部分が目についたとします。次に、「気が弱い」ことがもたらすメリットを、考えてみましょう。「優しい」「他人の痛みが分かる」「無駄に我を張らない」など、パっと思い浮かぶだけでもこれだけのメリットがあるのです。
もちろん、どうしてもその特定の短所が気になる場合は、無理にお付き合いをする必要はありません。しかし、どのような人と付き合ったとしても、短所は目につくもの。であればまずは、上記の方法で彼のもたらす短所のメリットを探してみてはどうでしょうか?

出会う男性の短所が目について好きになれないという人に、ぜひ試していただきたいオススメの方法です。
今井 翔
恋愛・パートナーシップに関する人間関係の専門家

Photo by fotolia