仕事が忙しくてしたいことができない。いつかはやろうと思っていたやりたいコトを心残りにしている。同年代の友人達がそれぞれキャリアを積む中で、自分は果たしてこれで良いのだろうか?そう不安に思ったり、やりたいことをやれずに二の足を踏んではいませんか?今回は、やりたいけれど、やれない。好きな事に挑戦して、人生を転換させるためのスイッチの入れ方についてご紹介します。


今日は人生で一番、若い日


私達は毎日同じことを繰り返しながら、昨日よりも一日歳をとっています。逆を言えば、今日がアナタの残りの人生で一番、若々しくいられる日。そうとあらば、年齢に限らず始めるのに遅いことはないのです。

それよりも、やり残したことを心のどこかで悔いて、他の誰かを羨ましがったりする方が心にずっと不健康な生活!年齢的なことでチャンスをつかむのを恐がっている方は、今始めないと、どんどん始められなくなっていくということを実感して。

やりたいことは腰が重くなるもの


人生のうちに挑戦してみたいことはいくつもありますよね。好きならすぐ思い切って行動できるはず!無意識にそんな曖昧な判断で、やりたいことをやるチャンスを逃してはいませんか?

好きなことややってみたいことに想いを馳せれば馳せるほど、あなたの腰は重くなっていきます。いつかやりたいと思う時に行動できる。ではなく、今やらないとこの先行動できないかもしれないという気持ちに切り替えて。

続けた先に未来が明るくなる


年齢によって自分の夢を制限したり、自分の人生はこんなものだと勝手に決めつけるのは、もったいない話し!それよりも自分が好きなことや、やり残したことがあるなら、今日から今すぐ始めてしまいましょう。

やれない理由より、やる理由を探すことが大切なのです!
角 侑子
ファッションスタイリスト

Photo by fotolia