私たちの身体は、食べ物から取り入れた栄養素でつくられています。美しい人は、どんなものを食べているの?今回は、より美しく、若々しく、スリムな身体をキープするのにおすすめの食材3つをご紹介します。


貝類・お刺身・しらす


低カロリーなのに栄養素が豊富な海の幸を活用している人は、賢く、食べてやせています。

噛みごたえのある「貝類」や、調理によるカロリーを摂取しない「お刺身」、魚を丸ごと食べることができる「しらす」などは、毎日の食生活に積極的に取り入れたい食品。お酒を飲む際のおつまみとしてもおすすめです。

ナッツ類


ナッツ類には、良質な脂質が豊富。腹持ちが良いので、間食におすすめです。デスクの引き出しに、お出かけ用のバックに、部屋の片隅にキープして、「口が寂しいなぁ」と感じたら、甘いものよりもナッツ類を選ぶようにしましょう。

魚、卵、脂質の少ない肉、乳製品


動物性のたんぱく質は、筋肉の維持におすすめ。ボディラインをキュッと引き締めるには、野菜などからビタミン・ミネラルを摂取するだけでなく、細胞の主な原料であるたんぱく質を摂取することが大切です。

より低カロリーで栄養素が豊富なおかずとして、魚や卵、脂身の少ない肉やチーズやヨーグルトなどの乳製品を上手に活用しましょう。

カラダは「食べて」つくる


食べないダイエットで成功しても、食べれば元に戻るだけ。美味しく賢く食べて、そのまま美ボディへと繋げたいですよね。

美しいボディラインは、食べたものでつくられます。何を食べないかよりも、何を食べるかに目を向けて調節すれば、ストレスなくダイエットを楽しむことができますよ。
食べるべき食品を知っておくことで、安心して食べることができますよね。ぜひ、「今日はどれを食べようかな?」とワクワクできる食生活で、美ボディを実現してください。
Nao Kiyota
美容・健康ライター

Photo by fotolia