ダイエットしなきゃ!と体重だけ減らしても、本当に綺麗になれるのでしょうか?「ダイエットなんてしなくても、今のそのままで十分に魅力的なのに・・・」と思わされる人も多いなと感じるのは、私だけでしょうか。目標設定を間違うと、いつまでたっても美しくなれない「ダイエット地獄」にハマってしまいます。


「体重を減らせば美しくなれる」とは限らない!


腕や脚が今よりも細くなったところで、姿勢が悪ければ残念なシルエットになってしまいます。逆に、がっちりとした体格の人でも自信をもって美しい姿勢で過ごして入れば、それだけで周りから「美しい!」と羨ましがられることも。

恋する心は、子孫を残すための本能的な部分。男の人はスリムすぎるモデルやげっそりと不健康に見える人よりも、明るくて元気で、健康的でメリハリのある女性を好むことが多いです。

本当に美しい体とは?どこをゴールに、ダイエットをすればいいの?この答えは「ウエストが○㎝」「体重が○kg」と数値で測れるものではありません。

自分で輝く第一歩が、劇的に自分を美しくする


「美しいな」「ああいうふうになりたいな」と思える人を想像してみてください。芸能人でも、身近な人でも構いません。その人は凛としていて、まっすぐで、笑顔が素敵ではありませんか?

その人の魅力は、体型だけでなく表情や内側から滲み出てくるその人らしさもかかわります。「どれだけモデル体型であっても、この人は美しくは見えないな…」そんなとき、その人が笑顔で輝いていない、猫背で俯いている場合がほとんどです。

自分に自信を持って、背筋を伸ばして笑顔で輝いていること。これだけで、「美しいなぁ!」と感じさせられてしまいますよね。

気持ちと、魅せ方と


目指すべき体型は、「自分に自信を持って、胸を張って生きることができる」体型。それは、ガリガリに痩せることではないはずです。

ダイエットをせずとも、体重を1gも減らさずとも、服装や姿勢を変えるだけでより美しく魅せることができます。考え方や生き方を変えるだけで、エネルギッシュで魅力的な人になることができます。
あなたは、どんな体型を目指しますか?闇雲に辛いダイエットを続け、追い回されるのではなく、なりたい自分を手にいれるダイエットをしてほしい。そのためには、一度「どんな自分になりたいか」を考えてほしいと思うのです。
Nao Kiyota
美容・健康ライター

Photo by fotolia