「食べる時間を変えた」だけで、お腹周りがサイズダウン。体重もドドっと減りました、という声を聞くことがあります。食生活、特に食べる「タイミング」は、やせやすい身体づくりにとても重要なのです。食べ過ぎてないのに太っていたのは、食べるタイミングが間違っていたからかもしれません。これを機会に食べ方を整えましょう!


一番に変えるべきは「夕食の時間」


まず最初に革新を起こすべきは、夕食の食べ方。夜遅く「寝る直前」にがっつり食べているという場合は要注意です。

寝ている間はあまり運動しないため、直前にエネルギーを取り入れると余って体脂肪として蓄えられやすくなります。また、睡眠中は内臓を休めたいもの。寝ている間まで消化・吸収の仕事をさせては、疲れ切って次の日を迎え、昼間の代謝がぐっと落ちてしまいます。

代謝を高めてやせやすい身体に整えるためには、夕食を早めにとって夜はしっかり内臓を休ませることが大切。寝る時間の3時間以上前に食べるのがベストです。

残業などで難しい場合は、おにぎりなどでお腹を満たしておいて、夜は野菜スープや温野菜、フルーツなどの消化の良いものを食べると良いでしょう。

ランチは「お腹が空いてから」


睡眠中は食事をしないため、朝はお腹が空いている状態で食事ができます。一方で、お昼は「時間がきたから」という理由で食べる時間が決まってしまう、という人も多いのではないでしょうか。

お腹が空いて、身体が求めている時間が食事のベストタイミング。お腹が空いていると必要以上に食べてしまうという場合は、スープ系や野菜サラダ、きのこ料理などから食べるようにしましょう。ゆっくり味わって食べることで、さらに食べ過ぎを防ぐ効果が高まりますよ。

小腹が空いたら「チーズ」か「ナッツ」か「おにぎり」を


食事ができる時間が限られているなど、良いタイミングで食事ができないことも多いですよね。そんな場合は、小腹を満たす秘策を。チーズやナッツは良質なたんぱく質や脂質を摂取することができるので代謝アップにおすすめです。お腹が空いたときにおにぎりを食べておいて、食事の時間にはおかずを中心に食べる、という調節もおすすめです。
食べ方次第で食事量を変えずとも、スラリ美人に整えることが可能です。食べ方で損をしていたら、もったいない!ぜひ、身体に優しい食べ方を意識して過ごしてくださいね。
Nao Kiyota
美容・健康ライター

Photo by fotolia