こんにちは。美姿勢インストラクターの美宅玲子です。今回は、「運動したいけれど、何から始めたらいいの?」という方のために、疑問にお答えします。


真面目な人は、運動への心理的ハードルを上げてしまう


インストラクターという仕事をしていると、運動の習慣を持たない人の前に立っただけで、威圧感を与えてしまうようです。

「私もね、健康第一だと思っているから、何か運動しないといけないな〜と思っているの。でも運動は苦手で、自分にはできないとも思ってしまうんだよね。そう二の足を踏みながら十数年経っているわけ。」という話をよく聞きます。本当に運動したいのかどうなのか、できない言い訳を永遠聞かされることもよくあります。

彼らの話を聞いていて感じるのは「真面目なんだな」ということ。運動が身体にいいことは分かっている。運動と言えば体育の授業、記録やうまい下手で評価されて、人と比べて劣等感を持って、何よりしんどい記憶しかなくて・・・。

真面目だからこそ「いい記録でないと恥ずかしい」「しんどくても休んではいけない」と考え、それと同じように「やるからにはしっかり続けなければ」「しんどいけどやらなければ」と運動への心理的ハードルを上げてしまうのです。

自分からどこかへ足を運ぶのは続かなさそうな人は


ヨガなどの運動を始めるのに、自分からどこかへ足を運ぶのは続かなさそうだと感じる方は、出張プライベートレッスンがおすすめです。

フリーランスのトレーナーやインストラクターの中には、お宅に伺ってオーダーメイドレッスンをしてくれる人もいます。

目的が明確な人は


ダイエットを成功させたい、ヒップアップしたい、などの希望を持っている場合は、パーソナルジムやスポーツクラブなどでパッケージされたマンツーマンプログラムがおすすめです。

始める前からインターネットなどでも大まかな内容と見通しが持て、目的に集中して結果を出すことができるからです。

誰にも邪魔されずに黙々とやりたい人は


黙々と泳ぐ、筋トレをする、サイクリングやジョギングをする・・・。一人でやった方が落ち着くという人は、24時間ジムや市町村の体育施設などマシンが充実した、個人使用向けのジムがおすすめです。

最初にマシンの使い方を教わりメニュー作成をしてもらったら、後は一人でコツコツマイペースで続けるのみ。

誰かがいると頑張れる人は


社交的で、運動よりも一緒にやる人との会話や、人と会うことに重きを置くタイプの方は、自分が運動を始めようと思っていることを周りに話し、一緒にスタジオに通う仲間を見つけたり、もともとスタジオやジムに通っている友人を見つけて紹介してもらったりすると、話も弾んでスムーズに入れるでしょう。

スタジオやジムによってはスタッフがフレンドリーな所もあれば、そうでない所もあるので、口コミも聞きながら、話しやすい雰囲気を基準に検討するといいでしょう。

スポーツクラブやサーキットなどのグループレッスン、ヨガサークルのようなアットホームなレッスンなども、おすすめです。

おわりに〜その他


いかがでしたか?続けやすいように、家や職場に近い場所、通勤途中の場所を選ぶのもポイントですし、意外と友人やパートナーなどと誘い合ってウォーキングをしたり、家で運動DVDを流しているうちに習慣になったという方もいます。

本当にやりたければ何かは自分を追い込む方法が取れるものです。周りに人に相談したり、情報収集から始めてみませんか?
美宅 玲子
ヨガ・ピラティス・美姿勢インストラクター

Photo by fotolia