下半身が「太い」といっても、その原因は様々。食事制限やキツい運動をしなくてもするっと悩みを解消してしまう人もいるのです。自分にあった克服法を見つけるためには、自分と向き合ってその原因を掴むところから。今回は、下半身部太りの主な原因をご紹介します。


水太りタイプ


代謝が低く、老廃物を溜め込みやすい人は、余分な水分を溜め込み「むくみ」が慢性化しているケースがあります。夕方になるとむくみがひどくなったり、便秘・冷え性に悩まされやすかったりする場合は要注意。

この水太りタイプの人は、カリウムの豊富なバナナやきゅうり、ホウレンソウなどを積極的に食べることや、適度な運動、ストレッチやリンパマッサージなどがおすすめです。

筋肉質タイプ


無理な運動を続けたり、身体を動かすことが好きでスポーツに打ち込んだりしている人に多いのがこのタイプ。ぷっくりしてる部分ががっちりと硬い場合は、このタイプである可能性が高いです。

まずは行う運動を緩やかにすること。その上で、ストレッチやマッサージで筋肉をしなやかに整え、ゆったり滑らかに動くように工夫しましょう。有酸素運動で体脂肪を減らしていくこともおすすめです。

脂肪太りタイプ


下半身だけが太く、つまむとぷっくりしているという場合は、このタイプの可能性あり。代謝が低く、体液循環が滞って老廃物が溜まっているケースもあるため、まずはめぐりをよくすることが大切です。リンパマッサージや刺激の少ないストレッチ・筋トレなどで身体を大きく動かす時間を作りましょう。
下半身太りと一言でいっても、その理由や対処法は人によって異なります。まずは自分自身と向き合い、どうしていくべきかを決めることです。どんなタイプなのかを知るだけでも、明日からの生活で気をつけるべきことが見えてきますよ。
Nao Kiyota
美容・健康ライター

Photo by fotolia