時間がなくて、ランニングなんてできない!?そんなときは、いつでもどこでも、今すぐにでも、その場足踏みで思いっきり飛び跳ねたり、走ったりすることができます。できないをできるに変えるには、できることを選ぶだけ。今回は、生活を変えずに運動量を増やすヒントをご紹介します。


ランニングや縄跳びは「エア」で


前に一歩も進まずとも、その場で思いっきり走りこむことは可能です。縄跳びを持っていなくても、「持っているつもり」になって、その場でぴょんぴょん飛びましょう。

まとまった時間や道具、環境がなくても、身体を動かす方法はたくさんあります。短時間でも筋肉を刺激することで、その後の生活で消費するエネルギー量を増やすことができます。

また、1度に長時間運動しなくても、細切れの時間でOKです。塵も積もれば山となる。運動したぶんだけ、ボディラインは変わります。

引き締める時間がなければ、テレビを見ながら筋トレすればいい


ジムに行けないから、広い場所がないから、筋トレができない?テレビの前でゴロンと横になるスペースがあれば、筋トレが可能です。

スクワットや腹筋など、テレビを見ながらでもできるものから始めましょう。「CMタイムは筋トレタイム」などとルールを決めて取り組むと、続けやすいのでおすすめ。「短時間しかやらない分、しっかり筋肉を意識して行おう」と集中することも、とても良いですね。

姿勢を変えるだけでエネルギー消費を大幅アップ!


座っているときや立っているときの「姿勢」をまっすぐに。胸を張って、お腹を凹ませて。それだけで、「生きているだけでやせやすくなる」体質に変わります。

美しい姿勢をキープするには体幹の力が欠かせません。その場でより美しく見え、体幹トレーニングにもなる、一石二鳥の方法です。
運動できるタイミングは、様々なところに転がっています。方法さえ選んで実践すれば、誰でも運動時間を取ることができるもの。

今すぐだったら何ができる?その視点で運動を貯蓄していきましょう!
Nao Kiyota
美容・健康ライター

Photo by fotolia