ダイエットのためにウォーキングを始めたけれど、なかなか結果が出ない・・・。そんな場合に、ウォークングの前におこなってほしいことがあります。今回は、ウォーキングのダイエット効果を劇的に高めるちょっとしたコツを伝授します。


ウォーキングは成果が出にくい?


ダイエットに運動は不可欠。食べないダイエットでは、げっそりとやせ細ったり、代謝の低い身体になったりすることはできても、メリハリのあるボディラインを作ることは難しいのです。

とはいえ、ダイエットのために運動に取り組んでも「なかなか成果がみえない!」ということが多いものです。たとえば、ウォーキング。

1時間歩き続けることで消費できるエネルギーは、体重50kgの人でコンビニおにぎり1つ分弱くらい。これでは、ウォーキング後にお腹が空いておにぎりを、なんて食べた時点で、やっと消費したカロリーが元どおりに吸収されてしまいます。

負荷の少ない運動は、長時間続けたり、毎日の習慣にしたりしないとなかなか成果が出ません。ただし、健康的でメリハリのあるボディライン作りには欠かせないものでもあります。地道に、毎日取り組み続けることが必要です。

もっと効果を高めたい!なら・・・


ウォーキングのダイエット効果を高めるには、次のような工夫がおすすめです。

●ウォーキングの前に「筋トレ」を
ウォーキング前に筋力トレーニングをおこなうことで、筋肉の運動効果を高めたり、脂肪燃焼のはたらきを活性化したりすることができます。また、筋トレをしておくことで、長時間でなく、隙間時間にちょこちょこと運動をおこなっても、体脂肪を燃焼する効果を持続させやすくなります。

●ウォーキングは「大股」で
ウォーキング自体の運動効果を高めるためには、「大股で歩く」ことがおすすめ。普段使わない脚の筋肉を刺激して、美脚効果も期待できます。

●ウォーキング後は「ストレッチ」を
ストレッチでむくみや疲労を改善し、疲労回復効果を高めることで、翌日の運動効果を下げずダイエット効果を、最大限にキープする効果が期待できます。
ウォーキングも、やり方次第。“やせる方法”で続けることで、メリハリボディを実現しましょう。
Nao Kiyota
美容・健康ライター

Photo by fotolia