マナヨガ代表 ヨガインストラクターのyuukaです。毎日の自己ケアは大切ですが、たまには他力に頼りたくなりますよね。心身をリラックスさせる為に、マッサージが簡単にできたら、家族でケアをしあえます。しかしマッサージをしてあげるにも力がいるもの。そこで足を使って踏むマッサージを試してみたことはありますか?


むくみをスッキリさせるマッサージは足で踏む


私がレッスンをする教室では、レッスンの終わりにこの足で踏むマッサージを取り入れています。力のない人でも、しっかり筋肉に圧をかけることができ、マッサージを受ける方は非常に気持ちがいいものです。

そしてマッサージをする側も、足の裏を使うことによって足の裏を刺激し、足ツボを受けた時のような効果や、血流が改善され体がポカポカする方もいるほど、両者にとって、どちらの体にも良いことづくめです。

早速チャレンジしてみよう


このマッサージは、体の体重を足にかけて行うので、柔らかいベッドの上などではバランスを崩して危険です。なるべく硬い床などに布団やヨガマットなどを敷いて、リラックスできるようにしてあげるのがいいですね。

力はほとんど必要がないので、年齢問わず誰でもすることができますよ!ただし、マッサージに慣れていない方や、コリがひどい方、むくみが慢性化してる方などは、軽く踏むだけでも痛いと感じますので、加減を調整する事を忘れないでくださいね。

では早速やり方を見ていきましょう。

足踏みマッサージでむくみをごっそり流そう


【マッサージを受ける側】
1.まずはマッサージの受ける方には、体を横向きにして寝てもらいましょう。
2.下になる方の足を伸ばし、上になる方の足を曲げておきます。

【マッサージをする側】
■太もも
1.マッサージを受ける側の伸ばした足の付け根に土踏まずが乗るように足を置きます。

2.足の裏に体重が乗るようにして、太ももの内側を踏んでいきます。ゆっくり少しずつ体重が乗るようにしましょう。足を離すときも、力をゆっくり抜いていくようにして、マッサージを受ける側の負担を減らしすように心がけましょう。

3.ひと踏みごとに位置をずらし、膝の方へ向かって踏んでいきます。膝手前まできたら再び足の付け根に戻り、4~5往復してみましょう。
■ふくらはぎ
4.ひざ下のふくらはぎも同様に、ゆっくり圧をかけながらひと踏みごとに位置をずらしていきます。

5.ふくらはぎは痛く感じる方が多いので、踏む力を弱めることを意識してみてください。

6.足首まで踏んだら、膝下まで戻り、4〜5往復してみましょう。
■足の裏
7.次は足の裏です。土踏まずや足の指、かかとなどを使って丁寧に踏んでいきます。土踏まずあたりは消化器系や排出系器官である腸や膀胱、などのツボや反射区が集まっていますので、便秘気味の方は痛がる可能性があります。優しく丁寧に踏んであげましょう。

8.反対側の足も、同じ工程で踏んでいきましょう。
■お尻
【マッサージを受ける側】
うつ伏せになってもらいましょう。

【マッサージをする側】
9.かかとを使います。お尻の横の骨のない部分に、斜めに体重をかけるようにして押し込んでいきます。

10.お尻は、腰痛持ちや冷え性の方は特に丁寧に解すべき場所です。お尻もとっても硬くこるので、血流が悪くなりがち。痛がる方が多い部分ですが、じっくり時間をかけて解していきましょう。

11.少しずつ位置を変えながら解したら、反対のお尻も同様に解します。
■仕上げは仙骨
12.手のひらを両手でこすって温めたら、片手を仙骨(お尻の真ん中にある逆三角形の骨のある部分)にあてます。

13.軽く圧をかけながら、ゆっくり上方向へ押していきます。そしてゆっくり力を抜きます。

14.今度は下方向へ。何度か繰り返します。

15.受け手が気持ちいと思う方向へもう一度押していきます。

むくみがちな妊婦さんにもオススメです


このマッサージは、足を使うことで力の弱い女性や年配の方でも楽に行うことができます。むくみがちな妊婦さんにもオススメの方法です。(※妊婦さんの場合は、うつ伏せの姿勢や最後の仙骨マッサージは避けましょう)

やってみると分かりますが、マッサージを受ける側はとても気持ちよくて寝てしまう可能性大!マッサージをする方もポカポカと体が温まりやすく、どちらにもメリットがあるものです。家族、カップル、友達同士、覚えれば誰でも簡単にできちゃいますよ。yuukaのオススメの足踏みマッサージをご紹介しました!
yuuka
ヨガインストラクター、ボディセラピスト、ラジオパーソナリティ

Photo by fotolia