これから続く暑い季節。そんな夏だからこそ欠かせない肌のケア。年間を通してトラブルの少ないお肌を作るために、夏のスキンケアを覚えておきましょう。


■朝、洗顔料を使って洗顔する!


意外にも、朝、水やぬるま湯だけで洗顔をしている方が多くいらっしゃいます。

皮脂はお肌を乾燥から守る機能もあるので、洗いすぎは良くありませんが、夏は特に寝ている間も汗をかいていたり、ホコリやダニなどの死骸も空気中に舞っていたり、お肌に付着し雑菌が繁殖しやすい状態ですので、朝起きてからメイク前は洗顔料を使って洗顔することをオススメします。

汗や皮脂汚れを取り除き、お肌をきれいな状態を保つことはいいことですが、何度も過剰に洗ったり長時間洗顔する必要はありません。朝の寝起き後と帰宅後の洗顔の2回を心がけるようにしましょう。

■汗や皮脂は放置しない!


汗は体温を調整したり身体の機能としては欠かせないものです。ですが、外気汚れやメイク汚れと混ざりそのまま放置するとかゆみやかぶれ、あせもなどが起きる人もいます。

皮脂もお肌の油分量を調整するために、お肌にとって必要なものである反面、長時間放置して酸化した状態が続くことで、お肌の黒ずみやニキビなどのトラブルの原因となることもあります。

汗や皮脂が浮き始めたら、ハンカチやティッシュなどで軽く押さえるようにして吸い取るようにしましょう。こするように摩擦するとお肌が傷ついたり、メイクが崩れるなどが起きるので気を付けましょう。

■化粧水のみで終わらない!


夏場は暑いし、皮脂が出ているから乾燥しにくいんじゃないの?と思っている方も多くいらっしゃいます。そんな夏に多いスキンケアは、洗顔後に化粧水しかつけないというパターン。

夏は汗や皮脂の分泌が盛んではありますが、クーラーなどによる肌内部の乾燥も多く、紫外線ダメージも受けています。これら夏のダメージが冬の乾燥肌や肌トラブルや老化を早める原因にもなります。

サラッとしたテクスチャーの化粧水をたっぷりつけ、美容液などでしっかりを水分を与え保湿することを心がけましょう。

その後は乳液をなじませ、クリームを塗り水分を逃がさないようにすることも大切です。ですが、乳液やクリームは油分を多く含むので夜はたっぷり、朝は薄めに塗りましょう。
このように、季節によって環境の変化やお肌のコンディションによってスキンケアを気をつけることで年間を通して美肌を作ることにつながります。

夏だから!と行っていたスキンケアは意外と間違っていませんでしたか?夏だからこそ、清潔にし、たっぷりと化粧水や美容液を与え保湿を行うことがポイントですので、是非取り入れてみてくださいね。
寒川あゆみ
エステサロンオーナー、美容家、美容ライター

Photo by fotolia