ふと鏡で顔をよく見てみると見える、鼻の下や口周り、眉の周りや頬にある産毛。カミソリなどでササっと処理ができるので、定期的に処理している方も多いとお思います。産毛処理をした後はなんだかお顔がスッキリし、メイクノリも違いますよね。ですが、その産毛処理の後のアフターケアをきちんとしておかなければ、肌荒れや毛穴トラブルの原因にもなりかねません。そんな時に覚えておきたいアフターケア法をご紹介します。


■フェイス用カミソリで産毛処理の仕方


【T字型やI字型フェイス用カミソリでの産毛処理方法】
(1)メイク汚れはきちんと落としておく
メイクをしたままでカミソリを使うとお肌の中に雑菌が入りやすくなり、肌トラブルの原因となりますので、必ずクレンジング洗顔をしてメイク汚れを落としておきましょう。

(2)乳液やクリームを塗ってカミソリの滑りを良くする
何もつけずにカミソリを使っている方もいらしゃいますが、滑りが悪く、お肌を傷つけてしまいダメージを与えることとなってしまいますので、乳液やクリームをつけるようにしましょう。

(3)産毛の毛の流れに沿ってゆっくりカミソリを滑らせる
産毛が生えている方向に向かってカミソリを滑らします。逆剃りする方が深く剃れますが、お肌にとって負担となりカミソリ負けやお肌が弱い人にも不向きです。

■産毛処理のアフターケア方法


お顔の産毛処理をすると、毛だけではなく、お肌の角質も取っている状態になります。このお肌の角質を取っている状態だからこそ、アフターケアは重要なポイントです。

このアフターケアを怠ってしまうと、お肌を乾燥させてしまい、肌荒れやニキビ、シミやシワの原因ともなりますので、しっかりとアフターケアを行いましょう。
(1)お顔を冷水で流す
産毛処理をした後は冷水でお肌表面を冷やすようにしましょう。産毛処理後はお肌が敏感な状態です。目には見えていなくても、深く剃ってしまっている場合もありますので、冷やすことで赤みなどの炎症を抑えましょう。


(2)化粧水をたっぷりと馴染ませる
産毛処理後のお肌は普段よりも敏感な状態です。ですので、普段使い慣れた化粧水を手のひらにとり、お顔全体になじませましょう。

さらにコットンにたっぷり化粧水を取り優しく馴染ませましょう。この時にこするように摩擦したり強いパッティングはしないようにしましょう。
(3)冷やしたシートパックで保湿する
たっぷりと化粧水を馴染ませた後、冷蔵庫で冷やしておいた保湿系のシートマスク(ヒアルロン酸やコラーゲンやEGFの配合のものなど)をお顔全体に密着させるように、5〜10分なじませましょう。
(4)乳液・クリームを馴染ませる
手のひらに乳液、クリームを取り、お顔全体に手のひらを密着させるようになじませましょう。お化粧水や美容液でピリピリしたりする場所は特に、手のひらで密着させるようにハンドプレスし、少し多めに塗っておきましょう。
お顔の産毛処理をすると、お顔の色がワントーンあがりメイクノリも良くなりますので、お肌の状態が良ければ2週間に1度くらいのペース、敏感肌の方は月に1度くらいのペースに行うと良いでしょう。

ですが、アフターケアをしっかり行わないとお肌のトラブルの元になるので、きちんと行うことが重要です。

正しい産毛処理とアフターケアを行い、キレイなお肌をキープしてみませんか?
寒川あゆみ
エステサロンオーナー、美容家、美容ライター