暑い日が続くと、どうしてもオシャレそっちのけで、身軽さを重視したコーディネートになりますよね。鉄板のデニムよりも、風通しの良いスカートやショートパンツが履きたくなる!とはいえ、ショートパンツって、ちょっと大人の女性からしたら勇気のいるものではありませんか?

膝上丈の露出が心配なのはもちろん、大人にもなってイタいファッションしているとは思われたくない!そこで今回は、子供っぽくならない、大人ならではのショートパンツの選び方についてご紹介いたします!


アラサーのショートパンツはアリorナシ?


一般的に短い丈、それも太ももが見えるコーディネートというのは、全員が似合うというものではありません。年齢に応じて顔つきが変化していくのに対して、服装が若い頃のままと変わらないという違和感が、老けを感じさせる大きな要因になるので、本来はおすすめできるアイテムではないのです。

しかし、それでもショートパンツを履きたい時もありますよね。暑い季節は特に、楽で涼しくて動きやすいショートパンツが魅力に思えます。では、どうすれば大人でも若作りと思われずに、ショートパンツスタイルを楽しむことができるでしょうか。

シルエットに意識するべし


ショートパンツはシルエットを重視して選んでください。理想は台形のようなシルエットです。裾がしっかり広がってゆとりがある、それでいて腰回りはピッタリフィットしている。腰から太ももにかけて、ゆるやかな曲線のあるシルエットが、一番お勧めできるショートパンツ。

ある程度、素材が良くて生地に立体感がないと生み出せないシルエットなので、ファストファッションよりも、ちゃんとしたセレクトショップで選ぶ方が断然失敗は少ないでしょう。

失敗しないカラーは【紺】【黒】【白】【ボルドー】


ショートパンツ自体が元気な印象を与えるデザインなので、明るい色は基本的にあまりおすすめしません。年齢に見合わない幼さを感じさせる要因になるので、できるならデニムで取入れるのも個人的には失敗しやすいのでオススメしないです。

ショートパンツだけれど、洗練された印象を引き出す色と言えば、定番の紺・黒・白に加えて深みのあるボルドーが良いでしょう。

暗い色は引き締め効果と大人っぽさを表すに相応しい色。トップスとの組み合わせ次第で様々なコーディネートも楽しめるので、是非、カラーリングとシルエットに気をつけてみてください。

ショートパンツ選びは2点のポイントをおさえて


ショートパンツを購入する際は、シルエットと色に注目をして、厳選したアイテムを選ぶことで失敗しにくくなります。組み合わせるトップスも可愛すぎるような甘いデザインは控えて、シックに大人っぽい印象を演出しましょう。

ちょっとシンプル過ぎるかな?くらいが大人のショートパンツコーデにはちょうど良いあんばいになるのです。是非、この2点を意識してアナタに似合うショートパンツを GETしてみて下さいね!
角 侑子
ファッションスタイリスト

Photo by fotolia