こんにちは、コラムニストの愛子です。はっきりとした悩みの原因は見つからないのに、なんとなく憂鬱な気分が続いているという方はいませんか?それって、もしかすると栄養不足が原因かも……。今回は、そんなときにおすすめの食材をご紹介します!


セロトニンを増やそう


「セロトニン」という神経伝達物質が十分に分泌されないと、気分が落ち込みやすくなります(※)。特に思い当たる原因がないのに、何となく憂うつな気分が続いている場合は、もしかするとセロトニンが減ってしまっているのかもしれません。

意識的にセロトニンを増やすような生活を心がけることが大切です。

セロトニンを分泌させるためには、元となる栄養をしっかり摂取する必要があります。極端なダイエットや食生活の乱れなどから栄養不足に陥り、セロトニンが不足してしまっている女性は多いのではないでしょうか。

このように栄養不足が、憂うつな気分の原因となる可能性もあるのです。セロトニンが減ってしまう原因や、セロトニンを増やす方法は他にもありますが、まずは食生活を見直してみましょう!

セロトニンの原料「トリプトファン」を摂取しよう!


セロトニンの主な原料となるのが「トリプトファン」です。トリプトファンとは[必須アミノ酸の1つで、体内では生成されません。だから食事から摂取しなければならないのです。

↓トリプトファンが豊富なおすすめ食材↓
・赤身のお肉・お魚
・ナッツ類(特にピーナッツ)
・豆類(納豆など)

美容にいいイメージが強いナッツ類や豆類は、日頃から召し上がっている女性が多いのではないでしょうか。それに比べて、お肉やお魚の摂取量が不足している女性は、とても多い気がします。赤身ならお肉でもヘルシーですから、ぜひ積極的に召し上がってくださいね!

「ビタミンB2」を一緒に摂ろう


トリプトファンと一緒に「ビタミンB2」を摂取すると、セロトニンの合成がスムーズになります。

↓ビタミンB2が豊富なおすすめ食材↓
・レバー
・うなぎ
・卵
・納豆

特にレバーは、女性に不足しがちな「鉄分」も補えるのでおすすめの食材です!またトリプトファンも含まれる納豆はとても優秀。いつもの食事に一品プラスするだけで栄養バランスがアップします。

心と体は繋がっている


憂うつな気分を食事で改善できるなんて、不思議に思われるかもしれませんね。でも心と体は繋がっているのです。「健全なる精神は健全なる身体に宿る」というコトワザもあるほど。バランスの摂れた食事は、まわりまわって心のケアになるのです。ぜひご紹介した食材を、普段のお食事に取り入れてみてくださいね!

愛子
コラムニスト、モデル

Photo by fotolia