夏は湿気も多くて汗もかくので、ハンドクリームはいらないなんて油断していませんか?放っておくと・・・あれ?夏なのに冬よりも手肌が乾燥してるっ!?なんてことに!今回は夏特有の乾燥肌の原因とネイリストがおすすめするフット&ハンドケアをご紹介します。


まずはお肌がうるおうメカニズムを簡単に知っておきましょう。


一般的にお肌の潤いは皮脂・天然保湿因子・細胞間脂質の3つの物質によって保たれています。皮脂膜は汗と皮脂が混じってできた、いわば天然のクリームと言われていて、肌の表面を覆うことで水分の蒸発を防ぎ、摩擦などからお肌を守っています。

皮脂膜が減少してしまうと、角層の水分も減少してしまい、乾燥した状態になってしまうのです。これは手や足も同じこと。知っておくだけでスキンケアには何が必要なのかが、少しわかってきますね。

夏なのにどうして乾燥するの?


みなさんご存知のように、夏は冬よりも皮脂や汗の分泌が増えるので、お肌がしっとり潤ったイメージがあると思います。しかし油断しているとキケンな、夏特有の落とし穴があるのです!

落とし穴1:紫外線
夏は紫外線がとても強くなります。紫外線は皮膚を日焼けさせるだけではなく、乾燥もしてしまいます。

落とし穴2:大量の汗
大量の汗をかくことでお肌の水分が失われたり、角層にある皮脂膜が流れたりします。またタオルなどで何度も汗を拭くことでお肌のバリア機能が弱くなって敏感肌の原因になることも。さらに脱脂力の強いボディ&ハンドソープで洗いすぎてしまうと、お肌はどんどん乾燥してしまいます。

落とし穴3:エアコンや扇風機
夏にありがたいエアコンや扇風機にもご注意を!汗が乾くのと同時にお肌の水分も奪われ、乾燥してしまいます。

落とし穴4:気持ちの油断
冬は空気も乾燥しているのでマメに保湿をしていた方も、夏になるとやらなくなってしまうという方が多いのです!油断大敵!
以上の落とし穴にはまると、夏なのにお肌はどんどん乾燥し、角層のバリア機能が低下してしまい敏感肌にもなりやすくなってしまいます。しかも夏の乾燥をそのままにしていると、秋になる頃には大変なことに…!

では、夏にはどんなフット&ハンドケアをすればいいの?


ネイリストの筆者が夏におすすめのハンド&フットケア方法をご紹介します。

1.定期的な角質ケア
日頃のフットケアとして定期的な角質ケアを取り入れましょう。セルフでの角質ケアはリスクも高いので、フットケアサロンやネイルサロンでのお手入れをおすすめします。

2.しっかり日焼け止め
日焼け止めを塗ったのに、気が付かない間に手や足の甲が焼けてるっ!なんてことありませんか?日焼け止めは手洗いや汗で流れてしまうので、こまめに塗りなおしましょう。

3.日焼け止めはクレンジングでしっかり落とす
日焼け止めを塗った時、顔はしっかりクレンジングを使って落とすのに、手や足は怠りがち。特にウォータープルーフの日焼け止めを使った場合、普通のハンドソープでは汚れを落とせません。汚れが残ることで乾燥の原因にもなりますので、オイル系のクレンジングを使って擦らず優しく、しっかり落としてあげましょう。

4.エアコンなどで乾燥したら保湿する
夏は保湿成分とUVケア成分の入ったハンドクリームがおすすめ。暑い外から涼しい室内に入って汗が収まってきたら、軽く手洗いをしてから塗ってあげましょう。
ハンディミストの化粧水を使う場合、さっぱりとした清涼感のあるものには、アルコールが多く含まれていることがありますが、アルコールと一緒に必要以上に水分が蒸発してしまう場合もあるので注意が必要です。

また、化粧水の使いすぎは乾燥の原因にもなりますので適量で使用しましょう。化粧水などで保湿したら油分を含むクリームを塗ってしっかり蓋を忘れずに。

いかがでしたか?


汗や湿気で見過ぎしがちな夏特有の乾燥肌。この夏は油断せずにしっかりケアしてみてください!空気も乾燥する秋になる頃、いつものお肌の状態とは違っているかもしれませんよ♪
沖 りか
ネイリスト、JNA本部認定講師

Photo by fotolia