こんにちは、コラムニストの愛子です。暑い日が続きますね。夏バテで痩せたという方も多いのでは?そのため夏は痩せやすい季節と思われがち。しかし実は、痩せにくい体質へと変えてしまう落とし穴が、夏には潜んでいるのです。今回は、そんな夏でも痩せ体質をキープするために、注意すべきことをご紹介します。


1:自律神経の乱れ


夏は、冷房の効いた部屋と暑い外との温度差や、暑さで寝苦しく熟睡しにくいことから、自律神経が乱れやすい時期といえます。

自律神経のバランスが乱れると、日中優位になるはずの交感神経の働きが低下し、代謝が落ちて痩せにくい体質になってしまうことがあるのだそう。

【昼間の注意点】
ガンガンに冷房の効いた室内で過ごされている方は多いのではないでしょうか?冷房の温度を下げ過ぎないようにしたり、調整が難しい場合は上着を羽織ったりして、体を冷やさない工夫をしましょう。

【就寝時の注意点】
クーラーの風は体に良くないと考え、蒸し暑いなか我慢して眠っていませんか?冷やし過ぎは良くありませんが、熟睡できなければ体の疲れがとれません。もし寝苦しさを感じているなら、我慢せずクーラーを使いましょう。自律神経のバランスを保つには、快適な睡眠が欠かせません。

2:内臓の冷え


暑い夏は、素麺やアイス、キンキンに冷えたドリンクなど、冷たいものが美味しく感じますよね。食欲が湧かず、ちゃんと食事をせずにそういったものばかり召し上がっている方も少なくないのでは?夏になると「このところ食べられていないから、痩せるかも?」なんて期待される女性が多い気がします。

しかし注意していただきたいのが、内臓の冷え。冷たいものの過剰摂取や栄養不足は、内臓が冷える原因となります。

【内臓が冷えるとどうなるの?】
・体温が低下する
・基礎代謝が落ちる
・血行が悪くなる
・内臓機能が低下する

以上のようなことが考えられます。この状態のまま秋を迎え、戻ってきた食欲に任せてたくさん食べると、当然太ってしまいます。冷たいものを摂り過ぎないようにし、栄養バランスが整った食事を心掛けましょう。

3:筋肉量低下


食欲が湧かないという理由で上記のような食事を続けていると、タンパク質が不足してしまいます。すると内臓が冷えるだけでなく、筋肉量が低下し、基礎代謝が落ちて痩せにくい体質になってしまうのです。

つい食べやすい「冷たい炭水化物」ばかりを摂っていませんか?素麺だけ、冷麺だけという炭水化物のみの食事はなるべく控え、トマトやきゅうり、ハムや卵、薬味などを添えて召し上がるようにしてください。野菜やお魚、大豆などもしっかり摂るようにしましょう

元気に夏を楽しもう!


自律神経が乱れたり、筋肉量が落ち体力が低下したりすると、ダイエットの妨げになるだけでなく、夏を楽しむことができません。せっかく楽しいことが盛りだくさんの夏を、怠さだけを感じながらやり過ごす羽目になってしまいます。

質の良い睡眠と食事をとることで、元気に夏を楽しめます!そして当然、暑いからと引きこもってダラダラしているより、活動的に過ごせばカロリー消費量が増え、ダイエットにもつながります。このような良い循環を生み出すためにも、ご紹介したことをぜひ実践してみてくださいね!
愛子
コラムニスト、モデル

Photo by fotolia