紫外線は、老化の大部分を占めると言われるほど肌に大きな影響を及ぼします。紫外線から身を守るために、日傘やUVカット効果の期待できる長袖などを着用している人も多いと思います。それでは、首回りは?目は?今回は、うっかり見過ごしがちな紫外線ケアのポイントをご紹介します。


紫外線から「目」を守る!


実は、目から紫外線を受けることで、直接肌に刺激を与えなくても、肌の日焼けを招きます。

紫外線対策をする場合は、直接肌に紫外線を当てないように意識するだけでなく。目も守ることも重要です。UVカット効果のあるメガネやサングラスを活用しましょう。

ただし、色の薄いものを選ぶことをおすすめします。真っ黒のサングラスでは、よく見ようと動向が開くため、紫外線の影響を受けやすくなります。

首まわりも忘れずに


腕や脚は気にするけれど、首まわりは全くケアしていなかった!という声が多いもの。運動時にはタオル、外出時にはストールなどで覆うことをおすすめします。

意外と忘れがち!乾燥対策


紫外線と同様肌の大敵なのが「乾燥」です。夏も、冷房などで乾燥しがち。美容液やクリームなどを活用して肌に潤いをキープしましょう。

日焼け止めは「こまめに」塗るべし!


いくら効果の高い日焼け止めを塗っても、気づかぬうちに肌の上からいなくなっていては、意味がありませんよね。

外で活動している間は、汗などでどんどん流れることを忘れてはいけません。一度塗って安心するのではなく、こまめに塗りなおすことが大切です。

こまめに塗りなおすために、数値の高いものは避けましょう。肌に優しいものを何度も塗り直した方が、肌の老化を防ぎやすくなります。
当たり前のようにおこなっている紫外線対策にも、落とし穴があります。せっかく肌を守っているのに目が丸裸!では、若々しい肌や白い肌を失う可能性があります。

9月ごろまでは紫外線に要注意。もう一度紫外線対策を見直し、若々しくみずみずしい肌をキープしましょう。
Nao Kiyota
美容・健康ライター

Photo by fotolia