夏は暑くて体力は消費するけれど、結局冷たくて美味しいものを食べすぎて太ってしまう!もう、夏太りで悩まないために。体内メンテナンスをしながら夏を楽しみましょう。


食事は「質」を重視!


低カロリーだからと、ざるうどんやそうめん、蕎麦などの糖質に偏った食事ばかりしていると、代謝が下がって太りやすい体質になってしまいます。たんぱく質やビタミン・ミネラル類もバランスよく摂取することが大切。カロリー表示や量よりも、色とりどりで様々な食品を食べることができるものを選びましょう。

消化・吸収などの体内のはたらきも、体脂肪を燃焼させるはたらきも、食事から摂取した栄養素によって保たれているということを忘れてはなりません。

冷たいものばかりでなく、「温かいもの」を


暑さが続くとどうしても冷たいものばかり食べたくなってしまいますが、夕食など時間を決めて、温かいおかずやスープを取り入れましょう。内臓が冷えるとはたらきが減退し、代謝が低下しやすくなります。

冷たいものを飲み食いした後で、暑さが落ち着いたら温かいお茶を飲む、などの工夫もおすすめです。冷房の効いた部屋で過ごす時間が長い人ほど、意識しておこないましょう。

食べすぎた分は、動く!


食べたぶんをそっくりそのまま体脂肪にしてしまっては、スリム体型を維持することはできません。食べたら、その分活動する!が基本。暑くてもできる運動を見つけて楽しみましょう。

水分摂取をこまめに


栄養素と同様、不足させないようにしたいのが「水分」です。水分が不足すれば体内のはたらきが停滞してしまいます。喉が乾く前に少しずつ水を飲むようにしましょう。

お風呂も重要!


シャワーだけで済ませるよりも、湯船にしっかり浸かって身体を温めた方が、代謝が高まります。熱すぎない温度にすることに気をつけ、夏でも湯船に浸かって身体を温めるようにしましょう。
夏太りは、意識次第で防げます!日頃の生活を振り返り、夏太り要素をスリム要素に切り替えていきましょう。
Nao Kiyota
美容・健康ライター

Photo by fotolia