夏の間に浴び続けた紫外線ダメージや、エアコンの風に当たりっぱなしなど、外的刺激が続いたことで、季節が変わり秋になるにつれて、疲れたような肌の色だったり、くすんだり、乾燥しやすくなったりと、肌の変化や肌トラブルが現れやすくなります。

これから迎える秋に向けてできる、秋の乾燥肌予防のために守るスキンケアを取り入れてみましょう。


■秋の肌トラブルや乾燥肌が起きる原因とは?


秋になり肌トラブルや乾燥肌が起きる原因は、夏に受けたダメージです。

・紫外線を浴び、過剰なダメージによって肌のターンオーバーが乱れる。
・気温の変化による乾燥状態、水分不足状態により肌トラブルが悪化。
・乾燥や肌トラブルを繰り返し、改善しにくいといった状態が起きる。
・肌がくすんだり、乾燥によるシワが目立つという状態にも。

秋の乾燥や肌トラブルは起きていませんか?このような状態が現れたら秋の肌トラブルです!

・お肌が粉っぽくないですか?
・透明感がなく、血色が悪くないですか?
・化粧ノリが悪く、持ちが良くないといったことはないですか?
・お鼻や顎周りなどザラザラ、ガザガザ、カサカサしていませんか?

■秋の乾燥肌からお肌を守るスキンケア方法とは?


秋になり肌トラブルや乾燥肌を起こさないためにも、夏の終わりから念入りなスキンケアをすることがポイントです。

(1)クレンジング、洗顔でメイクや外気汚れを丁寧に落とす

クレンジングは少し多めに手に取り、メイクになじませて浮かすように洗い落としましょう。

洗顔料はしっかりと泡立てましょう。泡が汚れを吸着するので泡を転がすようにして洗顔しましょう。朝も洗顔料を使って洗顔することをオススメします。
(2)化粧水はたっぷりと重ねづけ

化粧水を手に取り、お肌全体になじませます。コットンに化粧水を取り、お肌全体に優しくパッティングするようになじませます。2〜3回繰り返しましょう。
(3)乳液・クリームもたっぷりとなじませる

化粧水で水分を補ったら、乳液・クリームで油分を補いましょう。手のひらの温度でお顔に密着させ、しっかりと馴染ませましょう。
(4)外出の際はUVケアは忘れない

年間を通して秋でも紫外線は出ていますので、外出時は忘れず日焼け止めを塗り、UVカットをおこないましょう。
夏に受けたダメージによって起こる秋の肌トラブルや乾燥肌からお肌を守るためには、徹底した「水分と油分」を与えることで、お肌を「補い、守ること」が重要になってきます。

肌トラブルや乾燥肌が起きる前に、夏の終わりから意識してスキンケアをおこなうことで、秋の肌トラブルを未然に防ぐことができますので、今から取り入れてみてはいかがですか?
寒川あゆみ
エステサロンオーナー、美容家、美容ライター

Photo by fotolia