「なんだかお肌くすんでる?」「これってシミ?」「いつもと違う・・」ふと鏡を見てそう感じたことありませんか?年間を通して降り注いでいる、紫外線によるダメージによって起きる「光老化」が蓄積されることで感じる肌トラブル。そうならないために覚えておくべきことをご紹介します。


■紫外線がもたらす影響とは?


紫外線にはUVAとUVBの2種類があることをご存知ですか?年間を通してこれらの紫外線が降り注いでいます。

UVAは波長が長く、お肌の真皮層まで到達し、お肌のハリや弾力をキープするコラーゲンやエラスチンまでも破壊すると言われています。このコラーゲンやエラスチンが破壊されてしまうことで、シワやたるみの原因となり、見た目年齢にも表れてしまいます。

UVBは波長が短く、わかりやすく言えばレジャー日焼けなどの赤みの出る日焼けを引き起こしたり、シミやくすみを引き起こすことがあります。さらにコラーゲンを破壊する酵素を活発にさせてしまうので、シワやたるみにも影響があります。
これらの紫外線を浴び続けることで年々、シワやたるみ、シミやくすみのほか、お肌表面がゴワゴワしたり、乾燥などあらゆる肌トラブルを招く原因にもなります。

・年間を通して、外出時は必ず日焼け止めを塗るようにする。
・日傘や帽子、サングラスなどのUVカットアイテムを使うようにしましょう。
・日陰を利用し、長時間の直射日光を避けましょう。

■シミを作らせないためには徹底保湿を!


紫外線ダメージを受けることによって、お肌の内部にメラニンが蓄積されていきます。お肌の細胞はどんどん生まれ変わり、ターンオーバーが起きていますが、これらが正常におこなえていないと、お肌内部にメラニンが停滞し続けてしまいシミの予備軍が発生します。

さらにそのまま月日が過ぎ、お肌の表面に現れることで目に見えるシミとなっています。
お肌の生まれ変わりであるターンオーバーをきちんとさせるためには、スキンケアがとても重要になります。

日焼け直後や赤みがある場合は、鎮静してお肌表面を冷やしましょう。そして日頃から化粧水はたっぷりなじませ、美容液やシートマスクなどでスペシャルケアをおこない、乳液やクリームを塗って素肌を大切に扱うことを徹底的に意識することです。
寒川あゆみ
エステサロンオーナー、美容家、美容ライター

Photo by fotolia