こんにちは。ビューティーフード研究家の室谷真由美です。今回は、「野菜ジュースは飲んでいてもいいですか?」という質問にお答えいたします。


野菜ジュースって本当に体にいいの?


「野菜不足」や「栄養摂取」のために、わざわざ野菜ジュースを買ったりしていませんか?よくご質問いただくのですが「野菜ジュースは飲んでいてもいいですか?」ということ。

その野菜ジュース、甘くて美味しいだけのものになっていませんか?

そもそも市販のジュースになりますと、体に必要でないものが多く含まれています。砂糖や添加物が入っていると、体にいいものを摂取しているつもりが、返って負担をかけてしまっていますから本末転倒です。
ご自身で作る野菜ジュースも同じ。果物が多く、果糖が過剰になっている場合があります。果糖は太らないということが問題なのではなく、飲みやすくなるために過剰な摂取になりがちで、糖質の吸収を早める可能性が。

また、飲み物であるため咀嚼しないということもあり、食事の代わりに毎日のように摂取することはオススメはできません。

野菜ジュースよりも、お味噌汁!


スムージーやお腹にたまりそうなドリンク類は、朝食がわりに摂取する方が多いと思いますが、日本人であれば、お味噌汁が体にぴったり。

味噌は体を温めてくれる、日本人が誇るべき素晴らしいアイテムです。
私たちは、日常の中で常に体を冷やしがちな飲み物ばかり摂取しています。コーヒーや紅茶、ジュース、お茶、ラテなども同じですが、どんなにホットドリンクにしても、根本的に体を冷やすものばかりです。

お味噌汁であれば、体を冷やすことなく、具に海藻や野菜、豆腐などを入れれば、さらに体に必要な栄養素を摂ることができます。

発酵食品を上手に摂取しよう


お味噌だけではなく、お醤油、塩麹、醤油麹など、発酵調味料を上手に活用することで、発酵食品を摂取できます。

そうすることで腸内環境が整い、便秘知らずで免疫力も高まり、肌も綺麗になる効果が期待できます。
甘い陰性の食材は体を冷やしがち。冷えは万病のもとと言われるように、体を温めるように意識して、日々の食事や飲み物を選びましょう。
室谷 真由美
モデル、ビューティーフード研究家

Photo by fotolia