メイクを落とすクレンジング剤と言っても、たくさんのメーカーから様々な商品が販売されていますよね。オイルタイプやジェルタイプ、ミルクタイプやクリームタイプなど、どのようなものがお肌に負担がなく、選べばいいのかがわからない・・・といった声も聞きます。今回は、エステティシャンである筆者がクレンジング剤の種類と選び方をお教えします。


■クレンジングオイル


一般的に販売されているクレンジング剤の中でも、大多数を占めているのがオイルタイプのもの。クレンジングオイルはお肌に馴染みやすく、濃いメイクなどもしっかりと落とせるのでとても人気ですよね。

なぜ、オイルタイプがスルッとメイクが落とせるかというと、メイクは油性汚れと同じであり、クレンジングオイルが油性汚れに馴染み落としやすくなるという特徴があるからです。

クレンジングオイルを使用する場合、オイルの量が少ないとお肌を摩擦してしまう原因となりますので、たっぷりとオイルを手に取り、乳化させるようにメイクになじませることがポイントです。

■クレンジングジェル


弾力のあるジェルタイプのクレンジング剤です。ジェルタイプのクレンジングは少ない印象ですが、意外にもドラッグストアやネット通販などでも多く販売されています。

テクスチャーも弾力があるので、お肌を摩擦したりこするような負担も少なく、メイクとも馴染みやすく、リキッドタイプやウォータープルーフのメイク汚れもしっかりと落としてくれるのでオススメです。

■リキッドクレンジング


水分ベースのクレンジング剤であり、ウォータークレンジングや水クレンジングといったものです。

オイルタイプとジェルタイプの間のようなもので、水分ベースでできているので比較的ベタつきや乾燥感も少なく使えると思います。ですが、オイルのように液体状ですので、量はたっぷり取り、お肌に摩擦を起こさないことを気を付けましょう。

■クレンジングミルク


乳液のようなミルクタイプのクレンジング剤。

お肌への負担が少ないので、敏感肌の方にオススメのクレンジング剤です。洗浄力は緩やかなものが多いので、丁寧になじませながら落とすことがオススメです。

■クレンジングクリーム


クリームのテクスチャーであるクレンジング剤。クリームタイプなのでお肌への摩擦が少ないことが特徴。クリームなので油分が多く、メイクを落とした後はお肌がしっとりとしています。

■クレンジングの選び方


クレンジング剤もいろんな種類のものもあり、肌質も人によって違い、テクスチャーやメイクの落ち感の好みもひとそれぞれですよね。

その中で注意したいのが肌質です。どのような肌質にはどのタイプのクレンジング剤がいいのかをご紹介します。

◇脂性肌
皮脂量が多く、お肌がベタつきやすいタイプですね。クレンジングや洗顔の際にメイク汚れだけでなく、皮脂も落としてさっぱりとしたくなり、オイルやリキッドタイプのものを選んでいませんか?

オイルやリキッド、ジェルタイプでも問題はありませんが、注意したいのは皮脂を落としたあとの化粧水の量を増やすことが重要です。

メイク汚れや皮脂を落とすことで、また皮脂がお肌の乾燥を守ろうと分泌するので、そのためには水分を与えてバランスを整えましょう。
◇乾燥肌
お肌が乾燥しやすく、粉っぽくなりやすいという方は、ジェルタイプのものがオススメです。

オイルタイプのものを使うとお肌の潤い成分を落としやすく、乾燥感を感じやすい場合もあるので、ジェルタイプのものは水分が入っており、お肌への摩擦力も少ないのでオススメです。

◇敏感肌
お肌がよく荒れやすい、乾燥がひどくアレルギーっぽい肌質の場合は、ミルクタイプがオススメです。

角質層が弱いため、お肌が荒れやすかったり、敏感になりやすいため、オイルタイプやジェルタイプだと少しお肌にとっては強い場合がありますので、お肌にも優しいミルクタイプのもので優しく洗い落としましょう。
スキンケアの中でも最も大切なのはクレンジングです。このように、クレンジング剤一つでも様々なタイプのものがあり迷いますよね。

まず、自身の肌がどのようなタイプなのか?を考え、メイク汚れをきちんと落とせるものを選びましょう。

クレンジングの際はゴシゴシ洗わず、摩擦をしないように優しく丁寧にメイク汚れを浮かすことを意識して洗い、洗顔の後は必ずたっぷりと化粧水を与えてお肌を乾燥させないようにしましょう。是非、参考にしてみてくださいね。
寒川あゆみ
エステサロンオーナー、美容家、美容ライター

Photo by fotolia