姿勢が悪いことを気にされている方や、腰痛ぎみの方が多いですね。よくお悩みを受けます。腰に負担がかかるのは、実は立っている時よりも座っている時です。特に、不動は不良姿勢を招き、長時間にわたる座位姿勢は腰に負担を掛けます。そこで、是非覚えておきたい腰・姿勢ケアストレッチを紹介します。特に、デスクワークのビジネスパーソンの方必見です。


ぐーんと背筋を伸ばして丸まり姿勢リセット!


■足組み上体伸ばし
(1)片足を太ももに掛け、膝の上で両手を組む。

(2)息を大きく吸いながら両腕を引き上げ、お尻の底から引き上げるように上体を伸ばしていく。20〜30秒キープ。自然呼吸で息を吸ったり吐いたりしながら行いましょう。左右行いましょう。

正面を見ながら、できるだけ真っすぐに立てましょう。腹筋と背筋を使って上体を起こし、骨盤を前に起こして、坐骨の上に真っすぐ乗るように座ります。背もたれから上体を起こして姿勢をリセットです。

じわーっと太もも・ヒップを伸ばして腰痛対策


■足組み前屈
(1)片足を太ももに掛け、膝の上に手を置く。上体を真っ直ぐに立てながら息を吸う。

(2)息を吐きながら、上体を前方にゆっくりと倒していく。20〜30秒キープ。自然呼吸で息を吸ったり吐いたりしながら行いましょう。左右行いましょう。

上体を前に倒したら、肩の力を抜き、だらりと脱力しましょう。

さいごに・・・


作業中は、ついつい夢中になって自分の楽な姿勢に乱れてしまいがち。1時間に1回程度はPC画面から離れ、軽い体操やストレッチなどをしてください。リフレッシュや、目を休めることにもつながりますよ。
小川 りょう
スクワットアドバイザー/健康運動指導士

Photo by fotolia