メイクの中でも集中して意識するのが目元。その際に良く使うメイク道具といえば「アイライナー」です。アイライナーでも様々なタイプがあり、どのようなものを選べばいいかわからない‥という方も多いのではないでしょうか?そんな方のために、魅せたい目元を作るアイライナーの選び方と、簡単な引き方のポイントをご紹介します。


■リキッドアイライナー


先端が細くなっている筆状で、くっきりとハッキリしたラインが引けることが特徴のアイライナー。目元の印象を強調したメイクや女優メイクなどには欠かせないアイテです。

初めて使う場合は難しいかもしれませんが、使い慣れると細かいキワの部分や目尻の跳ね上げも簡単に書けます。

■ペンシルアイライナー


鉛筆タイプや繰り出しタイプの芯が硬いアイライナーであることが特徴です。しっかり目のキワを埋めることで目元を強調することが出来、ボカして書くことで優しい印象の目元に仕上げることが出来ます。メイク初心者の方にも使いやすいアイテムです。

■ジェルアイライナー


アイライナーの容器とは別に筆を使ってアイラインを作るのが特徴。ジェルアイライナーは水や皮脂に強く、筆の角度や調整によっては太いラインも細いラインも書けます。

いろんなアイメイクを楽しみたい!ハッキリしたラインもボカしたラインも引きたいという方にオススメなのがジェルアイライナーです。

■目に合わせたアイライナーを引くことがコツ


・二重まぶた
二重まぶたの方は、まつげの隙間を埋めるようにアイライナーを細く引くことがコツ。

パーティーや全体的なメイクを濃くしたいという時は太く引いてもいいですが、二重幅を埋めてしまうと目が小さく見えてしまいますので、魅せたい印象に合わせて調整しましょう。
・奥二重まぶた
二重まぶたの方もまつげの間を埋めるように書くことがポイントです。太すぎると腫れぼったい目元の印象に見えるので、どちらかというと目尻にポイントを置くことがコツ。

目を開けたときに二重幅が埋まっておらず、目尻を少しだけ跳ねるように仕上げましょう。
・一重まぶた
一重まぶたの方は目を開けた時に見えるくらいでアイラインを引きましょう。ブラウン系のアイシャドーで目のキワをぼかしでからアイラインを引き、目尻を少しだけ長めに書くことで目の横幅を作ることができます。
寒川あゆみ
エステサロンオーナー、美容家、美容ライター

Photo by fotolia