寒くなってくると、大根が美味しくなりますね。スーパーなどで今は一年中手に入りますが、旬はこれから。美味しい大根が出回ります。ところで、大根の葉はどうしてますか?要らない!という方もいるかもしれませんが、捨てるなんてもったいない!ビタミン・ミネラルが豊富で女性に嬉しい栄養素がいっぱい詰まっているのですよ!美味しく調理してぜひ食べて頂きたいです。


ベータカロテンが豊富!


大根は通常白い部分を煮物にしたり、大根おろしにしたり、サラダにしたりして使うことが多いですが、葉の部分も美味しく食べられます。緑黄色野菜に分類され、栄養豊富です。
ビタミンC・鉄分・カルシウムの含有量は、身近な緑黄色野菜のほうれん草と比べても、かなり豊富なのです。

そして、強い抗酸化力を持つベータカロテンも、ほうれん草と同じくらい豊富に含まれています。美肌作りや老化防止には欠かせませんね!

生でも火を通しても食べられますが、ベータカロテンを重視して摂りたいなら油と一緒に調理するのがおすすめです。また、ビタミンCを重視したい場合は刻んでサラダに入れたりして生で食べるのがいいでしょう。

「大根の葉とじゃこのふりかけ」のレシピを紹介します。


<材料(2人分)>
大根の葉    100g
じゃこ     大さじ2
ごま油     大さじ1
煎りごま    適量
醤油      適量
塩       適量

<作り方>
1、大根の葉はさっとゆでてから細かく刻む。
2、フライパンにごま油をひき、じゃこを炒める。
3、1を加えてさらに炒め、醤油・塩で味を調える。
4、煎りごまを加える。

油はお好きなものを使って頂いてOKです。じゃこのかわりに桜海老で作っても美味しいですよ。

そのままおつまみとして食べたり、大根おろしの上に乗せたり、白いごはんと一緒に食べたり、いろいろな形で楽しんでください。
吽野 英里(うんのえり)
料理研究家

Photo by fotolia