デイリー使いやスペシャルケアに簡単に使える「美容成分を染み込ませたシートマスク」。たくさんのメーカーや種類のシートマスクがあるので、選択に迷ってしまいますよね。そんな時に参考にしたい、お肌の悩み別シートマスクを選ぶポイントをエステティシャンである筆者がお教えします!


シートマスクの選び方を伝授!


クレンジングや洗顔でお顔の汚れを落として、化粧水でたっぷりを水分を与え、美容液やシートマスクで栄養を補い、乳液やクリームでしっかりと保湿をするといったスキンケア。

その時によってお肌の調子は違ったり、そろそろエイジングケアが気になり出したり、デイリー使いやスペシャルケアに簡単に使えるのが「美容成分を染み込ませたシートマスク」ですね。

ですが、たくさんのメーカーや種類のシートマスクがあり「どの美容成分が含まれているシートマスクを選べばいい?」と感じている方もいるのではないでしょうか?

そんな時に参考にしたい、お肌の悩み別シートマスクを選ぶポイントをエステティシャンである筆者がお教えします。

■乾燥など保湿力を高めたい


「お肌が乾燥してパサパサ、カサカサしている気がする」「しっとり保湿感や潤い感が欲しい」「くすみやお肌の透明感が欲しい」と感じる時に選ぶシートマスクに含まれている美容成分とは?

・セラミド
・ヒアルロン酸
・コラーゲン
・天然保湿因子(NMF)
・EGF
・アミノ酸
・ローヤルゼリー などがオススメです。

角質層の水分量が低下していることや、皮脂の分泌量が低下することで、肌のバリア機能が弱くなり、角質細胞同士の隙間から水分が蒸発し、お肌かカサカサ乾燥しているように感じたり、潤いが足りないという状態がおきます。

日頃の化粧水の量を何回かに分けてたっぷりとお肌になじませてから、美容成分の含まれたシートマスクで栄養を与えましょう。

■黒ずみ毛穴やニキビ跡など美白力を高めたい


「お鼻の黒ずみ毛穴が気になる」「黒ずんだような肌が気になる」「色素沈着やニキビ跡などシミ予防をしたい」と感じる時に選ぶシートマスクに含まれている成分とは?

・ビタミンC誘導体
・アルブチン
・トラネキサム酸
・プラセンタエキス などがオススメです。

毛穴汚れが空気に触れ酸化し黒ずむことで目立つ、お鼻周りの黒いポツポツ。さらに紫外線を浴びメラニン色素が沈着するなどで起き、黒ずみやくすみが気になったり、ニキビ跡によるシミ予防には美白成分でカバーしましょう。

しっかりと化粧水をお肌になじませた後、気になる部分に美白成分の配合された美容液をなじませて集中保湿やシートマスクで美白成分を与えましょう。

■シワやたるみ毛穴などエイジングケア力を高めたい


「年齢とともにシワが気になり出した」「頬のたるみ毛穴が目立つようになった」「エイジングを意識し始めた」と感じる時に選ぶシートマスクに含まれている成分とは?

・プラセンタ
・レチノール
・ビタミンC誘導体
・フラーレン
・セラミド
・プリテオグリカン
・ヒアルロン酸
・コラーゲン
・アスタキサンチン など

年齢とともにお肌のハリや弾力がなくなることでシワが目立ったり、乾燥によってできた小じわが目立って見えるようになる、たるみによって毛穴が目立って見える場合などは、エイジングケアに作用する成分を選びましょう。

化粧水をたっぷりとなじませた後、気になる部分に美容液をなじませたり、シートマスクでのエイジングケア成分を補うようにしましょう。
このように「お肌のお悩みに合わせたシートマスクを選ぶこと」がポイントです。毎日のケアやスペシャルケアに使う美容液やシートマスクをお悩みに合わせて使い分けて選ぶことで、なりたい肌作りをしてみてはいかがでしょうか?

寒川あゆみ
エステサロンオーナー、美容家、美容ライター

Photo by fotolia