こんにちは。下半身瘦せ専門パーソナルトレーナーの飯沢芳明です。スポーツの秋が到来しました!しかし、気を付けなければならないのが、運動による下半身太り。筋肉を正しく使わないと下半身太りが起こるかもしれません!今回は運動で下半身が太る人の特徴と解消法をご紹介します。


運動で下半身が太る人の特徴


同じ運動をしても、下半身が痩せる人と太る人がいます。両者はどこに違いがあるのでしょうか?その特徴をまとめてみました。

特徴1《長時間のデスクワーク》
下半身が太くなる原因のひとつに股関節の硬さが挙げられます。
長時間のデスクワークなど、同じ姿勢を取り続けている方で、その後のケア(ストレッチなど)を怠っている方は下半身が太る人の特徴です。

特徴2《椅子に座ると脚を組む癖がある》
脚を組む癖がある方は、骨盤が歪みがち。その状態で運動してしまうと歪みがさらに悪化し、下半身太りに繋がる可能性があります。特に1の特徴もお持ちの方はさらに注意が必要です。
特徴3《足首を捻挫する》
足首の捻挫を繰り返す方は、お尻の筋肉(中殿筋)が使えていない可能性が高いです。つまり、お尻を使わず太ももを使って運動をしている可能性があるので、運動すればするほど下半身が太くなる可能性があります。

特徴4《猫背・反り腰・O脚がある》
上記の1〜3が進行すると猫背や反り腰、O脚などになる可能性があります。これは腹筋が弱く、骨盤が前傾し前ももやふくらはぎに負担をかけている証拠。

さらにお尻を使う頻度も少なくなるので、運動によって下半身(特に太もも、ふくらはぎ)が太くなる傾向があるので注意が必要です。

いかがでしょうか?これらを解消するには、短期間では難しいもの。しかし、運動前のちょっとしたウォーミングアップで予防することは可能です。次に運動前におすすめのウォーミングアップを動画付きでご紹介します。

【動画あり】下半身太りを防ぐ!ウォーミングアップ♪


運動前に取り入れることで下半身太りを予防するウォーミングアップをご紹介します。注意点も載せていますので、ランニングや各種スポーツの前に実践してみましょう!

《バックフォワードランジ》


1. 脚を大きく後ろへステップします。
(この時、脚の付け根に張りを覚える程度まで脚をステップします)

2. 脚を出している側にひねり、脚の付け根に伸びを感じます。

3. 両手をななめ後ろへ伸ばし、わき腹から脚の付け根までの伸びを感じます。
(この時、息を吐ききるとストレッチ効果がさらにUP!)

4. 左右交互に10回を目安に行いましょう。

日頃から気を付けましょう!


今回は運動前のウォーミングアップをご紹介しましたが、やはり日頃からカラダに注意を向けておくことが必要です。特に長時間のデスクワークをされている方は注意が必要です!

帰宅後などに股関節のストレッチやケアを行わないと、すぐにガチガチになり下半身太りを起こしやすいカラダになってしまいます。(ストレッチ法は他の記事をご参照ください)毎日のちょっとした心がけで、下半身痩せを実現していきたいですね。

以上、下半身痩せ専門パーソナルトレーナーの飯沢芳明でした。
飯沢 芳明
下半身痩せ専門パーソナルトレーナー

Photo by fotolia