季節や気温の変化とともに変化するのがあ肌の調子‥。秋冬にかけてお肌がゴワゴワしたり、カサカサしたり、透明感がない‥といったことはありませんか?そんなお肌のコンディションを取り戻すための改善法をエステティシャンである筆者がご紹介します。


■ターンオーバーを意識してみよう


お肌は28日周期で生まれ変わっているという話を聞いたことがあると思います。きちんと28日周期で生まれ変わっていれば、今から約1ヶ月前や28日前に生まれ、作られた細胞ということですよね。

ですが、その1ヶ月前や28日前に紫外線をたくさん浴びたり、ストレスを過剰に受けたり、スキンケアを怠っていたとするとメラニンを含んだ角質やコンディションの良くない細胞が「今になって、肌表面に現れている」ということです。

紫外線刺激やストレスなどもなく、スキンケアもきちんとおこなっていれば、28日で細胞が生まれ変わり、古い角質となって自然に排泄されていきます。

お肌がゴワゴワしたり、カサカサするということは、コンディションの良くない細胞が肌表面に停滞しているということや、くすみが現れ透明感がないといった状態が起きてしまうです。

秋や冬にお肌がごわつく原因の一つには、気温の差や夏に受けた紫外線ダメージの影響とよく言われるのもこういったことからです。

■クレンジングや洗顔で汚れを落とすこと


ターンオーバー(細胞の生まれかわりサイクル)が乱れる原因の一つであるスキンケア。

まずスキンケアの中で何よりも大切なことは「クレンジング・洗顔で汚れを落とすこと」です。

メイク汚れや皮脂汚れ、ホコリなどの外的汚れなどが肌表面に残っており、蓄積し、酸化することでお肌がくすんで見える原因でもあり、これらの汚れがきちんと落ちていないと化粧水や美容液も浸透しにくくなります。

丁寧にお肌を洗い、洗い残しのないように汚れを落としましょう。

■角質が溜まっていると感じたら週に1度の角質パック


クレンジングや洗顔をきちんとしているものの、汚れってちゃんと落ちているのかな?と感じる時ありますよね。

そんな時は酵素パックやクレイパックなど、角質を除去し洗い流すパックを週に1回、お肌の調子が良ければ週に2回おこないます。

角質の大掃除のようなもので、塗って洗い流すタイプのものなので、お肌をこすったり摩擦することもないのでオススメです。

■ホットタオルでお顔を温める


お肌の表面の角質が綺麗になったら、濡らしたタオルを温め、お顔の上にのせ軽くマッサージをします。お肌がくすむ原因の一つには「血行不良や冷え」も関係しています。

入浴後でも、朝の洗顔後でも良いです。お顔を温めることで血流が良くなり、お肌の色がワントーン明るくなります。

■温めながらオイルでマッサージ


時間がある時や、角質パックをした時などにちょっと一手間かけてあげるのが「マッサージ」。

ホットタオルでお顔を温めるだけでも気持ちいいですが、意外とお顔も凝っているので、オイルを使ってマッサージしてみましょう。

ホットタオルの後や入浴中でも良いので、お顔を温めながら、オイルでマッサージすると一気にお肌が柔らかくなるのでオススメです。

■たっぷりと化粧水と美容成分を与えよう


お肌の角質がスッキリとリセットされ、お顔もポカポカ温まり角質が柔らかくなったら、「角質にたっぷりと水分と美容成分を与えましょう」。

化粧水を2〜3回繰り返ししっとりするまで重ねづけし、お肌がふっくらしてきたら、美白が気になるなら美白ケア、保湿が気になるなら保湿ケア、といったなりたい肌別の美容液やシートマスクで栄養を補いましょう。


これらをおこなうだけでも、お肌のコンディションは全然変わります。

そして1ヶ月後、数ヶ月後と乾燥のない、潤ったお肌をキープするためにも取り入れてみてはいかがですか?
寒川あゆみ
エステサロンオーナー、美容家、美容ライター

Photo by fotolia