こんにちは。ピラティス&ゴルフピラティスインストラクターの太田です。肩甲骨周りが凝り固まったままだと、知らず知らずのうちに背中にぜい肉がついてしまっている可能性があります。自分では見えない部分なのです、実は後ろから見られていますよ。

背中に視線を感じる前に、ストレッチで肩甲骨をはがして代謝アップにつなげていきましょう。肩甲骨が動くようになると、胸が広がって、バストアップにもつながりますので、やらない手はないですよね。早速行っていきましょう。


1.四つん這いになります


四つん這いになります。両肩の真下に両手、量股関節の下に両膝がそれぞれ位置するようにします。

お腹を背中の方に引き上げ、あごを軽く引き首の後ろを伸ばし、頭からお尻まで一直線を作ります。

2.左腕を右手と右足の間に置きます


息を吸ってはきながら、左腕を右腕と右足の間に置きます。右ひじを曲げ、左肩と頭を床につき、胸は右を向きます。

左腕をさらに伸ばせるところまで伸ばします。

その左腕の上に、右腕を乗せて両手と背中を引っ張り合いながらゆっくり何度か呼吸を繰り返します。

上半身の力は抜いておきましょう。

3.右腕を天井に伸ばします


何度か呼吸を繰り返した後、右腕を天井に伸ばします。胸を広げて、顔を天井に向け、目線は右手のひらを見上げます。

息を吸ってゆっくり吐きましょう。何度か呼吸を繰り返します。

ゆっくり元の位置に戻ります。同様に右側も行います。

(説明及び画像は、わかりやすいように左腕から行っていますが、右腕から行っていただいてもOKです)

4.ポイント


エクササイズ中、上半身は床につき力を抜きましょう。

呼吸をするたびに張り付いた肩甲骨周りがほぐれてきますので、時間をかけてゆっくり行っていきましょう。

天井に挙げた腕を、さらにゆっくり大きく回してみましょう。肩回りもほぐれて、さらに胸が広がっていきますよ。

肩甲骨周りはもちろん、首周りや胸周りにも効果大の気持ちよいストレッチです。終わった後は背中もほぐれて体もぽかぽか!代謝がアップしています。
太田 律子
ピラティス&ゴルフピラティスインストラクター

Photo by fotolia