「私はそんなにたくさん食べていないのに、どうして太ってしまうの?」「私は少食のはずなのに…。どうしてみんなはたくさん食べても太らないの?」「これしか食べられない生活なんて、我慢できない!私にはダイエットは無理かしら……」お腹いっぱい、太るほど食べていないはず!それなのにやせなかったり、逆に太ってしまったりするのはどうしてなのでしょうか。そこには、知らず知らずのうちに陥りやすい“太るワナ”があります。



ケース1:知らないうちにカロリーオーバーに


Mさんは、魚介類やサラダが大好き。食事では野菜を欠かさず食べるし、天ぷらや肉料理はあまり食べません。コンビニの「おでん」コーナーでは、こんにゃくや白滝、昆布など低カロリーな組み合わせを選ぶことも。それなのに、どうしてやせないの?

Mさんは、1食の摂取カロリーが少なすぎたり、摂取する栄養素が偏ったりすることで代謝が下がり、太りやすい体質になってしまいました。

また、積極的にヘルシーで低カロリーな食事を心がけていましたが、お腹にたまらないためちょこちょこ間食をしていたそうです。

チョコレートやおにぎりなど、「これだけなら大丈夫でしょう」と思うものを気づかぬうちに頻繁に食べてしまい、食べていないつもりなのにカロリーオーバーになっていたこともあるようです。

ケース2:飲み物なら、大丈夫でしょ!


Kさんは、食事に気を使っているというわけではありませんが、家族の協力のもと、バランスの良い食生活を送ることができています。

ダイエットアドバイザーの立場からみても、このままなら順調に健康的なスリム体型になれる、そう思うのですが、一つだけ落とし穴が。Kさんはなんと「カフェオレ」や「抹茶ラテ」などの甘めの「ラテ」が大好き。食事とは別に、仕事をしながらラテを楽しむ機会が多かったのです。

夜遅くまで仕事をするときのお供として、カフェでの仕事を捗らせるためのお供として、知らず知らずのうちに1日に何杯も飲むことに。その結果、ミルクや砂糖の摂取量が増えてしまいました。
3食の食事に気を使っていても、「そんなに食べていないのに」と思っていても、気づかぬうちに摂取カロリーを増やしている場合があります。

「私も、こういう日が多いかも!」と思ったら、生活習慣を見直すチャンス。食事の時間以外の飲食を減らすだけで、食事をしっかり食べても太らない、健康的な体質を目指すことをおすすめします。
Nao Kiyota
美容・健康ライター

Photo by fotolia