こんにちは、愛子です。ストイックなダイエットをして痩せたあと、必ずリバウンドしているという方はいらっしゃいませんか?それをずっと繰り返している方って多いのではないでしょうか。実はそれ、心理的には自然な現象なのです。今回は、人が誰しも持つ心理を上手く飼いならし、リバウンドを防ぐ方法をご紹介します。


モラル・ライセンシングって?


良いことをしたあとは悪いことをしたくなるという心理を人は持っていて、それをモラル・ライセンシングと言います。「頑張ったから、怠けてもいいだろう」と思うのは人間の性なのです。

下記内容に当てはまる項目が多い方は、そろそろサボる日を設けたほうがいいかも・・・?

□ずっと食事制限している(お友達や彼氏との食事もダイエット優先)
□雨の日でもレインコートを着てジョギングやウォーキングをしている
□何かを選ぶときの基準は好きか嫌いかより、いつも体にいいか悪いか
□翌日頑張るために効率良く疲れをとらなくちゃと、眠るときも頑張っている
□体重や体脂肪が少しでも増えると、その日1日イライラして物事に集中できない

美意識が高い頑張り屋さんほどリバウンドしやすいワケ


美意識が高い頑張り屋さんは、「怠けたい」という心の声を無視し続けて、「まだまだ頑張りなさい!」と休む間を与えず自分に鞭を打って努力を続けます。

だから耐え切れなくなってプツンと糸が切れたとき、暴れ出した「怠けたい願望」をコントロールできなくなってしまうのです。食欲が抑えられず食べ過ぎたり、気持ちいいと感じていたはずの運動を面倒に感じ止めてしまったりして、リバウンドしてしまうのはそのため。

定期的にあえて「ダイエットをサボる日」をつくろう


だからダイエットにもお休みが必要。日々美容を意識したヘルシーな生活を心がけているなら、あえて「ダイエットをサボる日」をつくってあげましょう。

好きだけど体のために我慢している食べ物があるなら、我慢しきれなくて食べてしまう前に、あえて食べる日を設ける、体のために日々運動しているのなら、あえてやらない日をつくるなどして、小まめに「ちゃんと怠けているよ」と脳に教えてあげましょう。

そうすればコントロールしきれないほどの怠けたい願望に生活を乱されることがなくなり、リバウンドしなくなるはずです。いつも頑張っている美意識の高い皆様、肩の力を抜くことも大切ですよ♪

愛子
コラムニスト、モデル

Photo by fotolia