乾燥が本格的に気になる季節ですね。肌のコンディションを保つのが日に日に難しくなってきました。そんな中、乾燥のせいで時々肌が敏感に傾くという人も多いのではないでしょうか。肌が敏感に傾くと肌荒れなどのトラブルを招いて、メイクのりも悪くなったりと悩みはどんどん深くなっていきます。そのため乾燥を感じた時や肌の状態が下降気味の時にいち早く気づいて対策をとることが大切です。

そこで、今回は乾燥で肌が敏感に傾きかけた時に、試す価値があるケアのポイントについてご紹介したいと思います。


1. 落とすアイテムを見直す


乾燥が気になった時、真っ先に見直して欲しいアイテムが洗顔やクレンジングといった「落とすアイテム」。例えば、粉が吹くほど肌が乾燥していたとしたら、必ずしも朝に洗顔料を使って洗顔をしなくてもOK。ぬるま湯や柔らかい素材の蒸しタオルで優しく拭うように汚れを落とすといった洗顔に切り替えても構いません。

クレンジングも肌への潤いを残して洗い上げるものがベター。クレンジングオイルやダブル洗顔が必要なクレンジング剤の使用は避け、ミルク、クリーム、バームといった形状のクレンジング剤を使用するのがオススメです。

2. セラミド配合のコスメを投入する


乾燥が気になる季節は、保湿有効成分が配合されたコスメを使用するのはマストですが、中でもセラミドは保湿の王様。そのためセラミドが複数種類高配合されたコスメを使用することをオススメします。

3. 摩擦などの刺激を避ける


肌が敏感に傾いた時にはとにかく摩擦などの刺激を避ける必要があります。そのため顔そりや日焼けはNG。とはいえ、角質ケアは必要。というのも、角質肥厚を起こすとより乾燥を促進させることになるからです。

そのため穏やかな使用感のクレイマスクや塗るだけでOKの角質ケアアイテムなどを投入しましょう。

4. いつものスキンケアの最後にバームをプラス


肌が敏感に傾くほど肌が乾燥しているという時には、いつも以上に潤いを閉じ込めて外的刺激から肌を守るようなケアを行う必要があります。

スキンケアの最後に使うクリームを密封力の高いクリームにすることもオススメですが、いつものスキンケアの最後、もしくはいつも使用しているクリームと置き換えてバームをプラスするのもオススメです。また、それが肌の免疫力を高めるようなものならなおよし!

まとめ


肌が敏感に傾いたからといって一気に敏感肌用コスメに入れ替えるのはNG。コスメを変えることも肌には刺激になります。また、多くのアイテムを重ねることも肌には刺激になるのでシンプルケアを心がけましょう。自分の肌と対話しながら、より丁寧なケアを心がけてみてください。
遠藤 幸子
アンチエイジングアドバイザー、エイジング美容研究家

Photo by fotolia