メイクをする時などに鏡を見て「あれ?目尻に細いシワがうっすらとある‥」と感じたことはありませんか?目尻に細かなシワが出来る原因は乾燥によるものが大半。あなたのお肌は乾燥しているかも!今からでも出来る見直すべき乾燥対策スキンケアを、エステティシャンである筆者がご紹介します。


■目尻に細かいシワが出来る原因とは?


目尻に細かな線のシワが出来る原因は「お肌の表皮の乾燥」が大半です。目の周りの皮膚はとても薄く、他の場所に比べて皮脂腺が少ないので乾燥しやすく、瞬きによって目を動かす場所なのでシワが出来やすいのです。

さらに、日頃のスキンケアによって化粧水や美容液、乳液やクリームの量が足りないことや、年齢とともに水分をお肌で保持する力が弱くなる事でお肌が保湿不足となり、乾燥によるシワやちりめんジワが現れます。

■目尻に細かいシワを作らないために見直すべき乾燥対策スキンケアとは?


目元の乾燥を防ぎ、シワを作らないためには保湿スキンケアが大切です。特に朝しっかりスキンケアをおこなっていても、昼過ぎには目尻のシワが目立ってくるという場合はスキンケアの見直しが必要です。

【乾燥対策スキンケア】

(1)洗顔後、化粧水を500円玉ほどの量を手のひらに取り、お肌全体になじませます。

(2)コットンを2枚に重ね、化粧水をたっぷりひたひたに含ませて、優しくお肌にプレスします。

(3)コットンに化粧水を足して、気になる目元に2分程コットンパックしましょう。

(4)化粧水がしっかりと浸透したら美容液をお肌全体になじませ、最後に目元に乗せるように優しくなじませます。保湿力が高い美容成分はセラミドやプラセンタ、ヒアルロン酸、コラーゲン、プリテオグリカンがオススメです。

(5)乳液やクリームの油分で水分を逃さないように潤いを閉じ込めましょう。

目元が乾燥している気がする‥、細かいシワが目立ってきたという場合は、化粧水の量が足りていない場合もあるのでいつもより量を増やす事がポイント。

■外的刺激や摩擦、メイクの厚塗りはNG


特に目元の乾燥を守るためには、紫外線対策から守ることやお肌の湿度が大切です。空気が乾燥していたり風にさらされっぱなしは乾燥を招き、乾燥した場所から紫外線がどんどん肌内部に入り込む事で深いシワやシミを作る原因にもなります。

メイクを落とす時もゴシゴシこするようにメイクを落とさないようにしましょう。摩擦によってお肌へのダメージ、乾燥を招きやすくなります。

シワを隠そうとファンデーションやコンシーラーで隠すように厚塗りをする方もいらっしゃいますが、暑く塗れば塗るほどかえってシワが目立つ場合も。ファンデーションは薄めに塗り、フェイスカラーやハイライトでツヤ感をアップさせる事でお肌全体が明るくなり、シワが目立ちにくい印象にする事が出来ます。
このように目元の細かなシワが現れた時に意識してほしいことは乾燥からお肌を守ること。目元の印象はお顔全体の印象にも関係する場所なので、シワを深く長くさせないためにはスキンケアや日頃の習慣を見直してみてはいかがですか?
寒川あゆみ
エステサロンオーナー、美容家、美容ライター

Photo by fotolia