アラサー世代になると、可愛いよりもキレイでカッコイイ大人の雰囲気のある女性に憧れやすいもの。20代の頃と比べて垢抜け感が欲しい、変化したいと思うことはありませんか?今回はエステティシャンである筆者が見てきた、大人の女性が日頃意識している美人ポイントをご紹介します。


■姿勢や座り方、歩き方はピシッと真っ直ぐに


姿勢といっても座っている時、歩いている時、ふとした時など背中が曲がって猫背になっていたり、普段からだらーんとした姿勢になっていませんか?

座っている時は椅子に深く腰をかけ、グッと骨盤を立たせ背筋を真っ直ぐ伸ばすことを意識しましょう。歩く時もダラダラと足を擦るように歩かずに、真っ直ぐと背筋を伸ばしながらかかとから着地させて、足首のステップを使いながら歩くようにしましょう。

体のシルエットやパッと見の印象は姿勢で大きく変わりますので、今一度見直してみて。

■ストレスは溜め込まずに解消する


睡眠不足や食事バランスなどの生活が不規則になるだけでも体の調子は乱れますよね。それに加えて、日頃の仕事や生活、人間関係などのストレスも大きく関係します。ストレスが蓄積すると自律神経やホルモンバランスが乱れてしまい、体の機能が低下しがちに‥。

そうならないためにも、日頃から睡眠や食事などの生活リズムを整えておくことを意識し、体と脳をリラックスするように心がけましょう。自身に合ったストレス解消法を見つけながら、上手く取り入れるようにしましょう。

■笑顔は忘れない


ご機嫌ナナメそうな表情や、無表情の女性よりも笑顔が素敵な女性の方が断然魅力的ですよね。恋人や家族以外にも、日頃から会社の同僚や店員さんなどと会話ややりとりをおこなう時、笑顔を忘れないようにしましょう。

笑顔なだけでグッと印象もアップし、雰囲気がガラリと変わります。

■靴やカバン、アクセサリーは定期的に磨くこと


メイクやヘアセットなどは気合が入っているのに、なぜか靴が汚れている、ヒールの金具が出ている、カバンが汚れていると言うことはありませんか?特にオシャレは足元からと言うように、汚れや傷などは見えないようで見えるもの。足元だけではなく、自身が身につけるものは定期的に磨き、ツヤを出し、大切に扱うようにしましょう。

■メイクは質感にシフト


メイクにも流行がありますが、素肌の印象や大人っぽさを表すには「ツヤのある質感のナチュラルメイク」。ファンデーションをベタ塗りして、塗っています感が出てしまうとより古くさい感じや、老けて見えがちに。リキッドタイプのファンデーションやルースパウダー、ハイライトを上手く取り入れてみてはいかがですか?

■垢抜け眉毛を取り入れて


眉毛がキレイに整っていたり、骨格に合った自然なカーブを描けている方がお顔の垢抜け感は一気に上がります。

学生の頃のままのような細眉や流行に合わせた太眉などありますが、果たして自分の骨格や印象に似合っているのでしょうか?眉毛の基本の位置に合わせ、眉頭をボカし、スッとキレイに抜けるような眉尻に描くことがポイント。眉毛の形で一気に印象チェンジ。

■ふんわりチークがお顔の血色をアップさせる


メイクをした後でもくすみやたるみなどの年齢を感じる時はありませんか?チークの色味でお肌の血色感をアップしたり、チークの位置や形で輪郭の印象や見え方にも変化が出ます。

若い子のようにチークをボンと塗るのではなく、ふんわりと乗せるように色味をプラスすることがコツ。
このように今までの印象から変えたい、変化したい、大人の雰囲気のある女性になるために、日頃から気をつけるべきことや最短で取り入れられることから始めてみませんか?
寒川あゆみ
エステサロンオーナー、美容家、美容ライター

Photo by fotolia