(ブルームバーグ): 電気自動車(EV)メーカー、米テスラの製造担当バイスプレジデント、ギルバート・パシン氏が今年夏に退社した。事情に詳しい関係者が明らかにした。テスラでは幹部の離職が相次いでいる。

  人事に関する情報だとして匿名を条件に関係者が話した。パシン氏は2010年前半にトヨタ自動車からテスラに移っていた。テスラでは最近、最高会計責任者に加え、グローバルサプライマネジメントや世界財務担当バイスプレジデントらが相次ぎ退社していた。

  パシン氏の離職についてはビジネス・インサイダーが17日、先に報じていた。

原題:Tesla Manufacturing Executive Is Said to Have Left Months Ago(抜粋)

記事に関する記者への問い合わせ先:サンフランシスコ Dana Hull dhull12@bloomberg.net

記事についてのエディターへの問い合わせ先:Craig Trudell ctrudell1@bloomberg.net, Melinda Grenier

©2018 Bloomberg L.P.