(ブルームバーグ): 100万ドル(約1億1300万円)近くで購入された仮想通貨ビットコインのコールオプションが、近く期限を迎える。

  1年前にビットコインがピークを付けた数日後に、取引プラットフォームのレッジャーXで購入されたコールオプションは、行使価格5万ドル、2018年12月28日が期限だ。このオプションで損失を被らないためには、ビットコインが1200%を超えて値上がりしなければならない。

  このオプションの価値がゼロになることはほぼ確実だが、損をした人ばかりではないようだ。

  ブロックタワー・キャピタルの仮想通貨ファンドマネージャー、アリ・ポール氏はこのオプションを購入すると同時に、保有していたビットコインの一部を売ったもよう。同氏は2017年12月にCNBCとのインタビューで、この取引で利益の一部を確定するとともに価格下落による損失リスクを減らした上、もしビットコインが5万ドルを超えて値上がりすれば大きな利益が得られると語っていた。

  このオプションが購入された時、ビットコインの価格は1万6200ドル前後だった。ポール氏は後にツイッターへの投稿で、保有するビットコインを売ってオプションを購入する取引で利益が出たとしていた。

  同氏は自身のファンド全体のパフォーマンスを開示していない。ブロックタワーはコメントを控えた。

原題:Bitcoin Derivatives That Cost $1 Million Will Soon Be Worthless(抜粋)

--取材協力:Cecile Vannucci.

記事に関する記者への問い合わせ先:香港 Gregor Stuart Hunter ghunter21@bloomberg.net

記事についてのエディターへの問い合わせ先:Christopher Anstey canstey@bloomberg.net, Michael Patterson、Ravil Shirodkar

©2018 Bloomberg L.P.