(ブルームバーグ): ゴールドマン・サックス・グループの1−3月(第1四半期)は、株式トレーディング収入が予想以上に減少した。投資銀行業務の収入が業績を支えたが、同行はこの好調が続かない可能性を示唆した。

  株式トレーディングの落ち込みによって、トレーディング収入全体も競合行のシティグループやJPモルガン・チェースに比べて大きな減少となった。合併助言業務の手数料が収入を支えたが、同業務や債券引き受けの手持ち案件は2018年末に比べ減少したという。

  第1四半期のトレーディング収入は18%減の36億1000万ドル(約4040億円)で、アナリスト予想平均にほぼ一致した。

  投資銀行業務の収入は1%増の18億ドル。市場予想平均は5%減の17億ドルだった。助言業務の収入は8億8700万ドルと前年同期から51%急増した。株式引き受け関連収入は、政府機関閉鎖で一部企業が新規株式公開(IPO)計画の先送りを余儀なくされたにもかかわらず市場予想より小幅な減少にとどまった。

  デービッド・ソロモン最高経営責任者(CEO)は発表資料で、「特に年初の弱さを考えれば第1四半期の業績に満足している」とコメントした。

  純利益は前年同期比21%減の22億5000万ドル(1株当たり5.71ドル)。1株利益の市場予想は4.97ドルだった。収入は13%減の88億1000万ドル。

(第1、2段落を追加します.)

©2019 Bloomberg L.P.